ガン(癌)とメシマコブ

副作用がないメシマコブ - ガン(癌)とメシマコブ

メシマコブ

日本の死亡原因の第一位「ガン」。

そのガン治療の一般的な方法というと、病院では手術・抗ガン剤・放射線治療というセットが西洋医学です。

しかし、その副作用問題は辛く大きいものです。

それに対して自然治癒力を用いる免疫療法の東洋医学では副作用はまったくありません。

ガン治療で効能があるとされているのは「メシマコブ」です。これはキノコの一種類です。

もともとキノコには免疫賦活作用を持つものが多くて、抗ガン剤の原料になったものも数種類あるのです。

そんな中なぜ「メシマコブ」が注目されているのかというと、その成分である酸化ヘテログルカンたんぱく複合体が免疫機能を活性化して坑ガン作用の効果が著しいのです。

しかしこの「メシマコブ」の天然ものは長崎県の女島にしかないという大変貴重で、幻のキノコとさえ言われています。

韓国では栽培に成功していて製剤化しています。すでに医薬品としてガン治療に貢献しているのです。

豊富な臨床例や基礎実験で坑ガン効果が証明されているのですから、早く「メシマコブ」が日本で医薬品となることを祈っています。

抗ガン剤の副作用だって軽くすることが出来るのです。

「メシマコブ」はガン治療のヒーローになる日も近いのではないでしょうか。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-ガン(癌)とメシマコブ