メシマコブの基礎知識

メシマコブは東洋医学?

メシマコブ

今注目されているメシマコブを使った医療は東洋医学と言えます。

和漢医学と言ってもいいかもしれません。

私たちが病院で医療にかかり、時に手術したりする医療は大きい括りでいえば、西洋医学になります。

しかし、どちらも理にかなった医療です。

東洋医学は、「自然」に準じ、患者の全身を見て治療を行います。

そして、人間の持っている自然治癒力を高める治療というのが特徴です。

東洋医療には、副作用という概念がなく、副作用が出た場合は、誤治、診療ミスと見なされます。

薬の概念も、効果が弱くとも、副作用のない物が良い薬、上品であり、病気を治す力は強くとも、副作用を伴うものは、下品とされます。

さて、私たちが病院で治療を受ける時、医療の進化に驚かされ、この医療こそ当たり前だと思いがちです。

しかし、副作用の無いものを上と見なす考えは注目すべきではないでしょうか。

ところで癌で亡くなる方もたくさんいますが、その十倍以上の方は癌にかかっても助かっています。

あたかも奇跡とか言われそうですが、それは違います。

勿論、今の医療はかなり確実性が高いです。

しかし、癌を克服するにはそれだけでは不十分かもしれません。

固定概念に囚われない姿勢も必要だと思います。

メシマコブと抗がん剤を併用すると効果が頗る良いと聞きます。

このあたりの関係を科学的にさらに解明してほしいものです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブの基礎知識