メシマコブの基礎知識

貴重だったメシマコブ

メシマコブ

ある地域に伝わる話に、病気のお母さんを助けるには、山深い谷に生えている薬草を取ってきて、それを煎じて飲ませないといけない。

その薬草を採りに幼い少年がそれを採りにゆく…という話があります。

実際、医学が発達していなかった頃にはこうしたことが何度も繰り返されてきたことでしょう。

そんな薬草もいろいろあったでしょうが、そうした話に出てきそうな植物の一つにメシマコブというキノコがあります。

その効能から健康食品として熱い視線を浴びているものです。

メシマコブというキノコは本当になかなか見つけることのできないものでした。

名前からわかるように、メシマコブとは、長崎にある女島に多く見つかったことでこの名前がつきました。

先人は、おそらく苦労を重ねてこのキノコを採ってきたのだと思います。

それほどまでに貴重だったわけです。

このメシマコブですが、今は昔のように幻の薬ではなくなりました。

かなり利用しやすくなっています。

それを思うと現代の発達した社会に感謝したいですね。

それにしてもキノコ類というのはこうした特別な効能を持ったものが多いですね。

効果が期待されるキノコ類というのは本当にたくさんあります。

キノコ類からはまだまだ健康に良い未知の成分が抽出されていくと思われます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブの基礎知識