メシマコブTOP

メシマコブについて、はじめに

メシマコブ

pic_g099

「メシマコブ」は海草ではありません。キノコなんです。

幻のキノコと言われる「メシマコブ」は長崎県の五島列島や男女群島にしか自生しないとても貴重なキノコです。

この「メシマコブ」がどうして注目されているかというと、その成分にあります。

いわゆるガンに効くと言われる点から、多くのガン患者に注目されているのです。

もともと多くのキノコには免疫賦活作用の効能があります。

「メシマコブ」の成分は「酸化ヘテログルカンたんぱく複合体」という多糖体です。

生物の免疫機能に働きかけて、免疫機能を活性化させます。

免疫機能というのは、まず「マクロファジー」といって身体に入った異物をとにかく食べ殺していくというものがあります。

免疫司令塔なる「Tリンパ球」といって異物の認識や身体全体の細胞を統括して異物を一斉攻撃するものもあります。

また、20歳を過ぎると減少傾向となるNK細胞といわれるものはガン細胞を見分けるエキスパートです。

これらの免疫機能に「メシマコブ」の多糖体が働きかけて活性化させます。

ガンの進行を抑えて抗ガン作用の効果が得られるわけです。

また、「メシマコブ」はガンだけではなく、糖尿病にも効果が大いに期待されています。

副作用もないので安心して服用できます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブTOP