エストロゲンについて

エストロゲンと妊娠

プエラリアミリフィカ

エストロゲンは主に排卵の準備を行い、卵胞を成熟させて子宮内膜を増やすホルモンですが、妊娠に大きく関係しています。

妊娠のメカニズムをホルモンの分泌とともに説明していくと、まず、月経後に脳の視床下部から脳下垂体へ命令がいき脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されます。

それにより卵胞は大きくなり、エストロゲンの分泌は増量するのです。

エストロゲンが増えると、「妊娠の準備はすすんでいる」と脳が感知するので、ここでもう一つの女性ホルモン、プロゲステロンが分泌され、卵巣が刺激されて卵子が飛び出します。

これが排卵です。

プロゲステロンは卵胞の発育や妊娠持続維持の役割がありますが、排卵にも重要なホルモンなのです。

エストロゲンは排卵前に増量してますが、ピークを向かえると減少します。

しかし排卵後はエストロゲン・プロゲステロンともに増えていき、妊娠の準備をするのです。

そして、やがて受精した卵子が子宮に着床すると妊娠となりますし、一定の時期を過ぎても着床しなければ、両ホルモンは減少して、子宮内膜ははがれていきます。

これが、いわゆる月経なのです。

少しわかりにくい説明になってしまいましたが、妊娠するには、エストロゲン・プロゲステロンが月経周期のなかでバランスよく分泌されなければなりません。

また、不妊症の検査などでは排卵前のエストロゲンの数値が低くないかをみるそうです。

エストロゲンの分泌やホルモンバランスが正常であることが、妊娠や健康のために大切なのですね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-エストロゲンについて