エストロゲンについて

エストロゲンと骨粗しょう症

プエラリアミリフィカ

骨粗しょう症は骨からカルシウムが溶け出して、骨はスポンジのようにスカスカになってしまい、骨折しやすくなる状態のことを言いますが、エストロゲンとはどのように関係しているのでしょうか。

骨は鉄骨のように、ただ体を支えているイメージがありますが、実際には「破骨細胞」と「骨芽細胞」が働き、古い骨を壊しては新しい骨を作っているのです。

これを骨の吸収と形成と呼び、これがバランスよく行われている状態が骨が健康な状態です。

そして骨形成速度より骨吸収速度が速くなった状態が骨粗しょう症を引き起こすのです。

エストロゲンには骨の新陳代謝のなかで骨吸収速度をゆるやかにして、カルシウムが溶け出してしまうのを抑制する働きがあるのです。

つまり、骨が丈夫であり続けるお手伝いをしているのですね。

しかし閉経後、エストロゲンが急激に減少すると、この働きをしてくれるものがいなくなるので骨粗しょう症になりやすくなるのです。

一般的に骨粗しょう症になる要因としては加齢があげられ、男女関係ないイメージがありますが、実は骨粗しょう症に閉経後の女性がなりやすいのには、ここに理由があるのです。

骨粗しょう症の治療には、エストロゲン製剤が使われます。またカルシウムの補充やカルシウムの吸収を助けるビタミンDなども必要です。

骨粗しょう症は、生活習慣や無理なダイエット、アルコールの過剰摂取なども原因となります。

日頃から健康的な生活を送り、食物やサプリメントから女性ホルモンを補うことも、取り入れていきたいですね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-エストロゲンについて