エストロゲンについて

エストロゲンと更年期

プエラリアミリフィカ

年齢でいうとだいたい44~55才で、女性は徐々に閉経を迎え「更年期」に入ると言われています。

この時期にほぼ半数の女性が苦しむといわれているのが更年期障害です。

この更年期障害にもエストロゲンは深く関係しています。

更年期障害のメカニズムを説明していきましょう。

まず、月経の周期のなかで脳の視床下部が脳下垂体へ指令を出し、脳下垂体から卵巣へ「女性ホルモンを分泌するように」と性腺刺激ホルモンを出して命令します。

しかし、卵巣は機能が衰えてきているので、もうエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンを分泌することができません。

すると、脳下垂体から、命令に従うようにと、ますます性腺刺激ホルモンが分泌されます。

卵巣はその命令に応えることができません。

この状態を体が察知し、一種のパニック状態のようになり、様々な不調が起こります。

これが更年期障害なのです。

更年期障害の症状は、頭痛、めまい、ほてり、いらつきなど多岐にわたり、個人によってまったく違うものです。

通常はこの症状は数年で消失するといわれています。

更年期障害の治療はエストロゲンなどのホルモン補充方法が主流ですが、副作用が出たり、乳がんの確立をあげる可能性もあると言われています。

ホルモン補充方法が合わない場合や、軽い場合は漢方薬で身体のバランスを整えたり、自律神経調整剤などで症状をやわらげる方法もあります。

つらい時期ですが、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事、スポーツや娯楽などで気分転換をはかることも、効果があるといわれています。

うまく乗り切れるよう工夫が大切ですね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-エストロゲンについて