エストロゲンについて

エストロゲンの過剰摂取

プエラリアミリフィカ

エストロゲンは女性の生殖機能に重要な役割を果たしたり、骨や血管を健康に保つ、身体にとって大切なものです。

しかし、一方でエストロゲンを過剰摂取することがまた、身体に異常をもたらしてしまうこともあります。

たとえば、骨粗しょう症や更年期障害の治療にはエストロゲン製剤が使われますが、5年以上摂取し続けることで、わずかですが乳がんの発生率があがるといわれています。

また、副作用としては乳の張りや不正出血などがあるといわれています。

これはエストロゲンが子宮内膜や乳腺に影響を与えるからだということと、エストロゲンの過剰摂取が、
脳の視床下部から脳下垂体、卵巣へとつながりあう月経システムに異常にしてしまう、という理由から起こるようです。

よって、ホルモン補充療法を行う場合、半年から1年で乳がん検査をうけたり、また、子宮体ガンのリスクも高くなるため、それを予防するために、プロゲステロン製剤を服用することが一般的です。

植物性エストロゲンのプエラリア、大豆イソフラボン、ザクロなどは、近年、エストロゲンの効用から、生活のなかで食物やサプリメントで摂取する人が多くなりましたが、
それと同時に過剰摂取による不正出血などで診察をうける人も増えたようです。

エストロゲン製剤などは、病院で処方されるものですし、主に閉経後おこる不調の治療に使われます。

しかし、サプリメントや食物で日頃からエストロゲンを摂取している人は、美容目的の若い女性も多いのではないでしょうか?

ホルモン分泌の多い若い女性の過剰摂取はより、月経システムを異常にしてしまう可能性があります。

エストロゲンの過剰摂取には充分に気をつけましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-エストロゲンについて