エストロゲンについて

エストロゲンと男性

プエラリアミリフィカ

pic_g137

エストロゲンは女性らしい体をつくる女性ホルモンの代表といえるものですが、実は男性の体内でも分泌されています。

逆に男性ホルモンの代表的存在のテストステロンも女性の体内で分泌され、それぞれバランスを保って、「女性らしい」「男性らしい」健康的な身体を維持しているのです。

女性の体内で分泌される男性ホルモン、テストステロンは男性の5~10%の量ですが、
男性の体内で分泌される女性ホルモン、エストロゲンの量は更年期の女性と同じくらいだというから、驚きですね。

さて、エストロゲンの摂取で男性の悩みが改善される場合があります。例えば脱毛症です。

エストロゲンは毛髪を発達させ、毛髪の成長を持続させる働きを持ち、主に頭頂部に丸く作用しているといわれています。

一方男性はテストテロンが過剰に分泌されることによって毛根が破壊されていまうことがあります。

このような場合、エストロゲンの摂取により脱毛症を改善させる効果があるようです。

また、エステロゲンが抗酸化作用を持ち、血管を健康に丈夫に保つ作用があることから、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも役立ちます。

その他、白内障、緑内障、前立腺肥大の緩和にエストロゲンは効果があるようです。

しかし、男性のエストロゲンの過剰摂取は乳房を大きくするなどの副作用もまねくようです。

ホルモンがバランスよく体内で働いている状態が、健康だといえるのです。

医療上、治療のために補充することや、生活のなかで足りない栄養として補うことは大切です。

しかし、バランスを崩すほど摂取し、不調を起こしてしまうと意味がありませんね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-エストロゲンについて