女性ホルモンを増やす方法

サプリメント - 女性ホルモンを増やす方法

プエラリアミリフィカ

プエラリア以外でも、女性ホルモンに効能のあるサプリメントがあります。

有名なのはやはり「大豆イソフラボン」でしょう。

植物性のエストロゲンの働きにより、美容や、更年期など体内でのエストロゲン分泌の減少などによる不調に効能を発揮します。

また、エストロゲン同様、動脈硬化などの生活習慣病を防ぐなど健康面で役に立ちますね。

しかし、大豆エストロゲンのサプリメントの1日の摂取量は30mgという指針が出ています。過剰摂取には気をつけましょう。

「プラセンタ」は人や動物(サプリメントの場合は主に豚)の胎盤に含まれる栄養素で健康機能を促進させるものです。

胎盤には女性ホルモンそのものは入っていませんが、ホルモンバランスを調整し、卵巣機能を活性化させる働きがあるのです。

この働きによって、女性ホルモンはコントロールされ、分泌が促進されるようです。

また、新陳代謝が活発になり、血液循環機能が改善されたり、自律神経を調整する働きがあります。

美容にも効果が期待できますし、更年期などのイライラなど様々な不調に効くようです。

女性特有の悩みには漢方薬も大いに役立ちます。

効き目は穏やかですが、種類も多いですし症状に合わせて組み合わせることもできます。

そもそも、ホルモン不足による不調というのは、本来からだが弱っているところに出るとも言われます。

漢方は様々な症状に対応できますし、更年期などのトラブルが出るまえに、予防的に飲むことも可能です。

ただし、漢方薬はもともと持ち合わせている体質に合わせて処方してもらうことが効果的ですので、必ずプロに相談して摂取するようにしましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-女性ホルモンを増やす方法