女性ホルモンを増やす方法

アロマテラピー - 女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンを直接補わなくても、ホルモン分泌を促したり、ホルモンバランスを整えることで体が快調になり女性度がアップするといいですよね。

いま、女性に人気のアロマテラピーで、ホルモンバランスを整えるというのはどうでしょうか?

そもそもアロマテラピーには月経前症候群や月経痛を和らげるなど、女性の悩みを改善する効果があります。

それは、香りをかぐことで、脳の視床下部が刺激され、脳下垂体やホルモンを分泌させる機能を整えることができるからです。

また、そもそもアロマの香りは心や身体をリラックスさせる効能のものがありますから、ストレスによる自律神経の乱れを改善することができるのです。

アロマにも様々な種類がありますから、特に女性の悩みに効能がある香りにいついて説明していきましょう。

まず、カモミールです。

カモミールには学名に「マトリカリア」つまり「子宮」という意味の名がついているのです。

その香りは女性特有のトラブルに効果があります。ハーブティーや入浴剤としてよく利用されますね。

気持ちを落ち着けるので安眠の効果もあります。

クラリセージは気持ちを穏やかにするだけでなく、幸福感ももたらすといわれています。

セージには植物系エストロゲンが含まれています。

寝室に鉢を置くなどして睡眠中に香りをかぐことで、ホルモンバランスの分泌を高める効果があります。

ただし、妊娠中に使用したり、内服することは避けましょう。

その他、ネロリやラベンダーにも気持ちを静め、リラックスさせる作用があることから、月経前症候群や生理痛を和らげる効果があります。

その他、女性に優しいアロマはまだまだあります。

自分が気に入る香りを選ぶことで、生活に楽しみが増えそうですね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-女性ホルモンを増やす方法