女性ホルモンを増やす方法

睡眠 - 女性ホルモンを増やす方法

睡眠をきちんととることは健康的な生活には不可欠ですが、実は睡眠は女性ホルモンと深く関わりがあるのです。

そもそも月経周期のリズムは体内時計と相関しています。

月経から排卵までの期間はエストロゲンが多く分泌され、睡眠も心も体調も安定しています。

排卵から月経までの期間に入るとプロゲステロンが分泌され基礎体温が上がるために、日中に眠くなりやすく、夜の寝つきが悪くなります。

この時期、心が不安定になったり、肌が荒れやすくなるのです。

また、妊娠すると眠気が強くなるのも、ホルモンの作用によります。

このように、ホルモンの分泌と、睡眠リズムは関わり合っています。

だからこそ、睡眠リズムを日頃から整えておくことが大切なのです。

ホルモン分泌は自律神経とも関わっていますが、睡眠不足になると、ストレスの攻撃により脳の機能が低下しやすく、その結果、自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れるという悪循環も起こす可能性があります。

そもそも、ホルモンが分泌されるのは睡眠のなかで交互の訪れるレム睡眠とノンレム睡眠の、ノンレム睡眠時なのです。

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルで成り立っているのが健康的といわれています。

ですから、質がよく、ある程度の睡眠をとらなければせっかくのホルモン分泌時間を縮めてしまうようなものなのです。

質のいい睡眠をとるには、早起きや適度な運動、寝る前にリラックスする時間をつくるなどの工夫は必要ですが、数日間繰り返すことで、きちんとしたリズムは身につくといわれています。

せっかくサプリメントなどで女性ホルモンの働きを高めても、不規則な生活をしていてはもったいないですね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-女性ホルモンを増やす方法