プエラリアについて

プエラリアの由来

プエラリアミリフィカ

プエラリアは非常に古い歴史のなかで食されてきたものです。

現地では「ガウクルア」と呼ばれ、タイ北部の山岳民族のモン族では800年前から体力回復やケガの治療に「伝承薬」として常食されていたらしいです。

モン族は他の部族と違い、特別に肌が白く、胸が大きくとても美しいプロポーションを保っていることから、ガウクルアは注目されることになりました。

また、1920年代、ビルマの古寺院に秘蔵されていた古文書が偶然発見され、1935年にそれが英訳されたのですが、
その古文書にはガウクルアを食べていた女性がいつまでも美しく健康280歳まで生きたとの記載があり、これによりガウクルアは本格的に研究されることになったのです。

1960年に英国の有名科学雑誌「Nature」にはガウクルアの成分のプエラリンに美乳効果があることや、ミロエストロールの構造について発表され、これが世界的に注目を浴び、やがて医薬品として応用できるか、臨床試験が行われます。

しかし、ガウクルアの効果がすぐに現れなかったり、摂取を中止しても逆に効果が持続してしまうなどの理由から、結局医薬品としての応用は断念され、それとともに、科学者からの期待や注目も減ってしまったのです。

しかし、1990年代半ばにタイの国立大学の准教授が臨床試験での効果を学会で発表しガウクルアに学術名「プエラリア・ミリフィカ」をつけたことから、
再びプエラリアは注目され、現在サプリメントとして人気を博すようになったのです。

プエラリアが私たちの手に届くようになるまでには、長い歴史があったのですね。

どんなプエラリアのサプリメントを試したらよいかわからない貴方に!
当サイトがオススメするプエラリアサプリメントは、プエラメイクリッチ です。

「プエラメイクリッチ」の詳細はコチラをご覧ください

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-プエラリアについて