薬草

カナムグラ(金葎、鉄葎)別名:ヤエムグラ●

一年生のつる性植物で、全草に小さな棘があり、地面を覆うように繁茂する。

葉は長い葉柄を持ち、対生。葉は掌状に5~7つに裂ける。裂片は卵形あるいは被針形で。縁に鋸歯(きょし)があり、葉面がざらざらしている。

雌雄異株で。雄株には黄絲色の小さい花が円錐状につく。雌株には松かさ状に紫褐色の花がつく。●ヤブガラシ●と似ているが、ヤブガラシには棘がない。

By: Anna

カナムグラ(金葎、鉄葎)別名:ヤエムグラ

アサ科カラハナソウ属

カナムグラの分布

北海道~九州、奄美大島

カナムグラの期待できる効能

全草:健胃、解熱、利尿、掻痒

カナムグラの使用法

夏、繁茂した全草を刈り取り、適当な長さに切って日干しにする。この日干しにしたものが葎草(りつそう)。

健胃、解熱には、乾燥したもの5~10gをカップ3の水で半量になるまで煎じて1日量とし、かすを取り除いて3回に分けて飲む。

葎草に利尿作用のあるフラボノイドを含んでおり、利尿には同じ方法で服用する。

掻痒には前述の煎じ液で患部を洗浄する。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬草
-, , ,