薬草

ミゾソバ(溝蕎麦)別名:ウシノヒタイ

各地の水辺や山のあぜ道などの水湿地に群生するタデ科の一年草。

節のある茎が地面を這い、節から根を出して、よく分枝し、上部は斜上して高さ30~70cmとなる。茎には稜があり、稜には細かい棘が下向きにある。葉は長さ4~10cmの鉾形で、両面に毛がまばらに生え、葉衣には八の字形の斑紋がある。

8~10月、枝の先に先端が紅色をした花被片(かひへん)をもつ花が10~2個頭状につく。花柄には腺毛がある。そう果は卵状、褐色で長さは3~4mmほど。

By: coniferconifer

ミゾソバ(溝蕎麦)別名:ウシノヒタイ

タデ科タデ属

ミゾソバの分布

北海道~九州

ミゾソバの期待できる効能

茎、葉:リウマチ、止血

ミゾソバの使用法

開花期に、茎、葉を採取し、日干しにする。

リウマチには、乾燥した茎、葉5gをカップ2の水で半量になるまで煎じて1日量とし、3回に分けて服用する。

止血には、生の葉を揉んで、出てきた汁を傷口につける。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬草
-,