「 滋養強壮 」 一覧

ハトムギ(鳩麦)別名:チョウセンムギ

ジュズダマによく似たイネ科の植物。東南アジア原産の1年草で。秋。結実後に枯れる。 ...

ジュズダマ(数珠玉)別名:ジュズコ

東南アジア原産の多年草。日本にはかなり古く渡来したと考えられ、栽培されていたもの ...

ナルコユリ(鳴子百合)別名:ヤマドコロ

低山の林や草原などに自生する多年草。肉質で太い地下茎が、節をつくりながら横に走る ...

アマドコロ(甘野老)

各地の日当たりのよい草原などに自生する多年草。淡褐色の地下茎が横に長く伸び、その ...

アマナ(甘菜)別名:ムギグワイ

日当たりのよい山裾などの草地に自生するユリ科の多年草。地中深くに鱗茎があり。1本 ...

ヤブラン(藪蘭)別名:リュウノヒゲ、ボンバナ

照葉樹林下にふつうに見られる多年草。日当たりの悪い場所にも生育する。葉はすべて根 ...

クコ(枸杞)別名:カラスナンバン、カワラホウズキ

各地の川の土手など、明るいやぷに生える小低木。植栽もされる。茎は多数が叢生し、よ ...

ナツメ(棗)

中国原産と考えられ、地巾海沿岸や中国では古くから重要な果樹とされ、日本でも古くか ...

ボケ(木瓜)別名:モケ

中国原産で観賞用として庭木などとされる落葉低木。切り花や盆栽などにもされる。 高 ...

ハマナス(浜茄子)別名:ハマナシ

本州の太平洋側では茨城県以北、日本海側は鳥取県以北、北海道の海岸砂地に自生する落 ...

ヤブツバキ(藪椿)別名:ヤマツバキ

日本各地に野生する常緑高木で、高さ6~15m。幹は灰白色でよく枝分かれして茂る、 ...

チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)

北海道、青森、長野などの山地にとくに多い、落葉つる性低木。 葉は互生し有柄で、先 ...

ビナンカズラ(美男葛)別名:サネカズラ

温暖な山地などに自生する常緑つる性木本。庭木として植栽もされる。地面を匍匐(ほふ ...

コノテガシワ(児手柏・側柏)

中岡原産の常緑小高木。日本には江戸時代中期に渡来したとされ、庭園樹として広く柚え ...

アカマツ(赤松)別名:メマツ、オンナマツ

山野に自生し、植栽もされる常緑高木。高さ30m、ときには50mほどになる。 幹の ...