ウコンの種類

その他のウコン

ウコン コンテンツ一覧

ウコンには、様々な種類があるため、取り入れる際には目的に合ったウコンを選ぶことが大切となります。

では、数あるウコンの種類をご紹介しましょう。まずは、白ウコン。

白ウコンは、多年草となっているショウガ科のウコンとなっています。

昔から、民間伝承薬としても使われてきたウコンとなります。

白ウコンには、クルクミンはほとんど含まれておらず、その代りにゼルンボンが含まれており、がん細胞防止、免疫機能アップ、メラニンの抑制効果などが期待出来ます。

セルビンは、白ウコンの8割も占めているといいますから、これはかなり高い効果が期待出来そうですよね。

更に、このセルボンは、糖尿病や高血圧、痛風、疲労回復、水虫改善にも効果があるといいます。

クルクミンが含まれていなくても、これだけの効果が含まれていると、ぜひ取り入れてみたいと考える方が多いのではないでしょうか。

更に、殺菌効果、疲労回復効果などもあるため、インドネシアでは、民間の伝承薬として用いられています。

皮膚病、血液浄化などをする際にも使われているといいます。

既に、こういった民間伝承薬として使っているということは、効果が期待出来ますよね。

このように、同じウコンでも種類によって効能が大きく異なってきます。

「二日酔い予防のために、ウコンを取り入れたい」と考えている方であれば、白ウコンが含まれているタイプは、不向きといえます。

しかし、がん予防をしたい、免疫機能を上げたいと考えている方にとっては、白ウコンはおすすめといえますよ。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-ウコンの種類