ウコンの効果について

ウコンの取り入れ方

ウコン コンテンツ一覧

「最近、お酒が弱くなってきたなぁ」と感じている方の中には、「以前までは、二日酔いなんてならなかったのに、最近二日酔いになるようになった」と感じている方も多いと思います。

年齢を重ねる毎に、お酒の量も減ってきたと感じている方も多いかもしれませんね。

そんな方にも、ウコンはおすすめとなります。

ウコンを取り入れることで、肝臓をサポートしてくれますし、アルコール成分を残さない効果がありますので、二日酔いの心配もありませんよ。

しかし、「ウコンって、どうやって取り入れれば良いの?」と思っている方も多いと思います。

では、ウコンの効果的な取り入れ方について、ご紹介しましょう。

まず、ウコンを生のままで飲むという方法があります。

ウコンを購入し、根茎部分をおろし金などですりおろし、それを水やお湯などで割って飲むという方法。最初のうちは、飲みにくいと感じるかもしれませんね。

出来れば、お酒を飲む前だけでなく、一日3回程度食後に取り入れると良いですよ。

また、ウコンをスライスし、煎じてお茶の様にして飲むという方法もあります。

スライスしたウコンを弱火で煮るという方法。

煮詰めてしまうと、栄養素が壊れてしまうので、煮る時間帯は注意が必要となります。

更に、ウコンの根茎部分をパウダー状にして飲むという方法もあります。

こういった錠剤となってタイプは、ドラッグストアなどでも購入することが出来ますから、気軽に取り入れやすい方法といえるでしょう。

このように、ウコンを効果的に取り入れるためには、ウコンを様々な方法で調理して、取り入れる方法があります。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-ウコンの効果について