ウコンの効果について

ウコンの調理法

ウコン コンテンツ一覧

「健康のために、ウコンを取り入れていきたい」と考えている方の中には、「サプリメントではなく、毎日の料理に取り入れたい」と考えている方もいると思います。

では、ウコンの調理法について、ご紹介しましょう。

ウコンは、生で食べることも出来ます。

くせはありますが、「調理する時間がない」という方、「調理が面倒」という方は、そのままかじって食べることも出来ますよ。

また、すりおろして、飲むことも出来ます。

すりおろした場合には、お湯や水などと割って飲むと、飲みやすくなりますよ。

すりおろした状態であれば、取り入れやすいかもしれませんね。

また、ウコン茶として飲むことも出来ます。

ウコンを購入し、20g程度のウコンをスライスしていきます。

これを、1ℓ程度の水に入れ弱火で煮だしていくと、ウコン茶の出来上がり。

温かいまま飲むことも出来ますし、冷やして飲んでもOK。

更に、ウコン酒として造ることも出来ます。

スライスしたウコン300gから500gを、1.8ℓ程度の焼酎の中に漬け込み、1カ月から2カ月程度暗冷所で保管すればOK。

1日2杯程度が、目安量となります。

更に、ピラフやサラダ、カレー、パンやクッキーなどに混ぜて焼くことも出来ますよ。

こういった料理の中に入れることで、ウコンの独特の苦みなども気にせず摂ることが出来ますから、ご家族でウコンを取り入れることも出来ますよね。

このように、ウコンを取り入れる方法は様々ありますので、ぜひこちらを参考にウコンを調理してみてくださいね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-ウコンの効果について