明日葉の体験談

明日葉で、難病「脊索腫せきさくしゅ」を克服

明日葉コンテンツ一覧

明日葉とのおつき合いは、もう八年になります。

実は、私は大変な持病持ちだったのです。

脊索腫という難病で、尾底骨の先にある骨の部分に腫瘍ができて、疲労がたまると痛みが背中から頭のてっぺんまで突き抜けるのです。

滅多にない奇病で、数力所の大病院で何回も検査を受けました。

放置すれば命に関わるので、医者からは強く手術をすすめられました。

命は助かるのでしょうが、しかし、脊椎にメスをいれることになり、神経を切断しますので、結果的に、半身不随、人工肛門になってしまうのです。

いくら難病、奇病とはいえ、まだ痛くても動ける身体です。

それを手術して、車椅子での生活になることなど、とても納得できるものではありませんでした。

ですので、手術は歩けなくなってからでも遅くはないと考えたのです。でも、やっぱり命は惜しいです。

明日葉との出逢いはそのころでした。

本当に偶然といいますか、私が就職した先が、明日葉を扱う会社だったのです。

「体にいい」と聞いていましたし、お客さんにもそう説明します。

でも何より先に「この私か実験台に」と思い、お茶や粒といったものを積極的に愛用したのです。

その結果、疲れやすかった体質が元気になったのです。

そして不思議なことに、脊索腫からくる背中の痛みを感じなくなっていたのです。

また、それまで頻繁に罹っていた口内炎もできないではありませんか。

明日葉は本物だと思いました。

難病だ、奇病だといわれていたあの「脊索腫」とはいったい何だったのでしょうか。

今は、本当に感謝でいっぱいです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-明日葉の体験談