明日葉の体験談

明日葉で大腸と胆嚢のポリープが消えました

明日葉コンテンツ一覧

明日葉との付き合いはもう11年近くになります。

伊豆の大島に行った時、種を購入しプランター3個に播いて栽培したのが最初です。

しかしながら明日葉が健康にいいと知ってはいたものの、
たまに思い出したころに天ぷらにして食べてみる程度で、あとはほとんど利用することもなく放って置いたのですが、
平成4年に町内会を通して実施された、近くの大病院による大腸ガン検診のための検便で、潜血陽性の反応が出たため肛門からの内視鏡で診断された結果、やはりポリープが発見され、しかも胆嚢からもポリープが発見されたのです。

それから半年後、新聞の明日葉の本の広告が目に入りました。

そこに「ポリープにもいい」とありましたので、早速本を読み始め、またあわててプランターの明日葉を毎日摘んで食べることにしました。

こんなにいいものが身近にあったとのかと、まさに灯台もと暗しの心境でした。

しかしいざ、収穫して食べようと思っても、栽培を始めてからすでに3~4年手入れも怠っていましたので、プランターの明日葉は残り少なくなっていました。

ところが、明日葉が粉末になった製品が出ていることを知り、そちらもいいだろうということで、購入して愛用を始めたというわけです。

ポリープを診断した医者からは、「半年に1回くらいは、定期的に検査を受けるように」といわれていましたので、明日葉を愛用しながら、診断を受けていました。

そして、診断から一年半後、なんと医者から「ポリープが両方とも消えていますよ」といわれ、すっかり「明日葉信奉者」になったのです。

その後も毎朝、明日葉の粉末をお湯で練って牛乳で溶かして、家内ともども愛用しまた、庭の明日葉も育っては摘みとってサラダやみそ汁に入れるなどして手軽に利用していますが、血圧も正常ですし、便通も順調で、風邪も滅多にひかなくなりました。

今年1月の検便による検査でも異常なしでした。

最初はプランターから始めた明日葉の栽培ですが、その後は地植えに切り替え、ここ仙台でも丈夫に育っています。

厳冬期だけビニールをかぶせて簡易温室にしていますが、それ以外はなるべく野生に近い状態にしています。

今春も35株ほどが元気に冬を越しました。

今ではもう何十人もの人に明日葉とその製品のことを紹介し、栽培仲間も増えています。

これからも明日葉のよさを多くの人に知らせたいと思っているところです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-明日葉の体験談