明日葉の体験談

明日葉の青汁を飲んで高血圧が治った

明日葉コンテンツ一覧

明日葉の青汁を飲み始めたのは、2年ほど前からです。

半信半疑で飲みはじめて半年ほどたつと、悩んでいた高血圧がいつのまにかよくなっていたので驚きました。

生理もあがり、いわゆる更年期に入ったのは40歳のときでした。

まわりからも、「ずいぶん早いんとちやう」などといわれましたし、自分でもこんなに早くあがるとは思ってもみませんでした。

若いころは元気でしたし、こんなに体調が悪くなるなんてショックでした。

更年期になっていちばん辛かった症状は、高血圧と、そこからくる肩こりです。

頭がフラフラし、歩いていても雲の上を歩いているようで、どうにもたまらずしばらく寝込んでしまったくらいでした。

もちろん医者にもいって、注射もしてもらいましたし、血圧の薬ももらっていました。

朝、その血圧の薬を飲めば、しばらくは楽なのですが、夕方になるとやはり高くなってきます。

数値は、上が178、下が110ほどでした。

朝は薬のために楽になり、夕方から苦しくなるというこの繰り返しで、いっこうによくならず、そのうち薬の副作用も心配になってきます。

明日葉のことを知ったのはそんなときでした。

「明日葉が健康にすごくいい」という新聞記事を読んだのが最初だった気がします。

それから後藤先生が書いた明日葉の本も読みました。

そのなかには、高血圧にもよく効くと書かれてあったので、わたしも試してみようと思ったのです。

生の葉っぱの方も試したかったのですが、入手するのも面倒ですし、高血圧でフラフラしてるときですから料理もあまり手をかけたくなかったというのが本音です。

そこで市販されている明日葉の青汁を飲むことにしたのです。

朝と晩、1日2回ずつ、明日葉の青汁を飲みました。

もともと、そんなに劇的な効果は期待してなかったので、1、2カ月なんの変化がなくても平気でいられました。

効果が見えてきたのは半年くらいってからでしょうか。

血圧が下がって楽になってきたのです。

不思議なことに、肩こりの方もいつのまに消えていきました。

これが明日葉の効果だとわかったのは、一時、明日葉の青汁を飲まなくなってしまったのですが、そのときは血圧の薬を飲んでいてもダーツと血圧が上がってしまったからです。

そこで無理して明日葉の青汁を飲み出すと、血圧はまたスーツと下がりました。

いまも医者からもらった血圧の薬と明日葉を平行して飲んでいますが、寝込むようなことはまったくなくなりました。

神経を使いすぎた日など、たまに血圧が高くなるくらいです。

わたしの希望は、早く血圧の薬と縁を切ること。

というのは、やはり、どうも医者からもらう薬というのは、副作用が心配だからです。

明日葉の方は自然のものですから、副作用などの心配もいらず、安心して飲み続けられるのが、なによりもうれしいですね。

いまの調子でいけば、近いうちに、医者の薬とは縁が切れるような気がしています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-明日葉の体験談