明日葉の体験談

明日葉の効果、で肝臓の調子が良くなった

明日葉コンテンツ一覧

わたしは若い頃から底なしの大酒飲みでして、とうとう酒の飲み過ぎて肝臓をこわしてしまいました。

あれは3年前のことです。

いつものようにビールを腹一杯飲んで、その後はウイスキーの水割りをチビリチビリやっていたら、いきなり倒れて意識不明。

救急車で病院に運ばれて、そのまま1ヵ月も入院生活を送るはめになりました。

実は救急車のお世話になったのはそれが初めてではありませんでした。

すでに3回も救急車を呼んだ経験があったのです。

でも、入院するには至らなかったもので、懲りないで飲んでいたんです。

しかし、さすがの私も、この入院で酒を断つことができました。

今度倒れたら、本当に生命がアブナイと思ったからです。

いくら酒が好きでも命には代えられません。

妻からは「何度も死にそこなった人」とからかわれていますが、酒を断ったことを内心では喜んでいるようです。

さて、退院して仕事に復帰したのですが、どうも体調がすぐれませんでした。

からだがだるいような、重いような、すっきりしない状態が続いていたのです。

やはり、お酒の後遺症が体のあちらこちらに残っていたのだと思います。

「このままだとアブナイ。なんとかよい体質改善の方法はないだろうか」損なとき、ふと、明日葉のことを思い出したのです。

新聞かなにかで明日葉のことを知っていたからだと思います。

そこで駅前の明日葉の専門店に立ち寄ってみました。

通勤で毎日、その前を通っていたのですが、健康食品には興味がなかったもので、ずっと素通りしていました。

お店の人がいろいろと相談にのってくれて、わたしは明日葉粒と健康茶を飲んでみることにしました。

何十年も酒を飲み続けてダメになった体ですので、一朝一タにはよくなるとは思っていませんでした。

半年かかるか、1年かかるか、とにかく気長に続けることだと思って頑張りました。

明日葉の効果をはっきりと実感したのは1~2カ月くらい経ってからでしょうか。

少しずつ体調がよくなって、3度3度の食事がおいしく感じられるようになって、からだが軽くなりました。

調子がよくなってからは、健康維持を心掛けて、健康茶だけにしています。

以前のわたしは体重が75キロもありましたが、食欲はさほどありませんでした。

体形もビールをガブ飲みしていたせいか、典型的なビール腹をしていました。

そのためでしょうか、いつもからだが重苦しいような感じがありました。

とくに夏が苦手で、毎年ひどくバテていました。

ところが、明日葉を愛用するようになってからは、食事はきちんと食べているのに、体重は7~8キロも減ったのです。

体重ばかりではありません。

醜かったビール腹もすっかり引っ込んで、からだ全体がすっきりしました。

もちろん酒はもう1滴も飲んでいません。

肥満とビール腹、そしてお酒による動脈硬化に原因しているのか、以前は血圧も少し高かったのですが、それもいまは正常に戻っています。

ですから、最近は会社の定期検診で肝臓も血圧も注意されることはありません。

そしてもう1つ、なによりも便秘をしなくなりました。

明日葉を飲んでいると、毎日のお通じがいいのです。

毎朝、『大の喜び』を気持ちよく感じています。

下痢もしません。

とにかく胃腸の調子がいいというわけです。

わたしの場合、明日葉がとてもからだに合っているように思います。

せっかく取りもどした健康ですから、これを維持していくためにも、明日葉は絶対に欠かせません。

「死ぬまで明日葉を飲ませていただきます」

いささか大げさかも知れませんが、現在の私はそこまで明日葉を信頼しています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-明日葉の体験談