「健康食材」 一覧

アマドコロ(甘野老)

各地の日当たりのよい草原などに自生する多年草。淡褐色の地下茎が横に長く伸び、その ...

オモト(万年青)

暖地の山林下に自生する常緑の多年草。短い地下茎が横にのび、太いひげ根が多数生える ...

アマナ(甘菜)別名:ムギグワイ

日当たりのよい山裾などの草地に自生するユリ科の多年草。地中深くに鱗茎があり。1本 ...

ノカンゾウ(野萓草)別名:オヒナグサ

山地のやや湿った草地などに自生する、多年草。繊維で包まれた短い根茎があり、その下 ...

ジャノヒゲ(蛇の髭)別名:リュウノヒゲ●

各地の山地林に生え、また観賞用として庭などに栽培される多年草。草丈10cmほど、 ...

ヤブラン(藪蘭)別名:リュウノヒゲ、ボンバナ

照葉樹林下にふつうに見られる多年草。日当たりの悪い場所にも生育する。葉はすべて根 ...

ヒルムシロ(蛭蓆)別名:オオバンコバン

各地の湖沼や水田などに自生する多年草。水底の泥の中を根茎(こんけい)が横に這い、 ...

イノモトソウ(井の許草)

人家の周辺や石垣、崖面などにふつうにみられるシダ植物。黒褐色の鱗片をつけた短い根 ...

フユノハナワラビ(冬の花蕨)

日本各地の山地、草地に自生する多年生シダ植物。葉は高さ10~55cmほどとなる。 ...

トクサ(砥草)別名:ツメトギ、ヤスリグサ

おもに山中の湿地などに自生する多年生シダ植物。栽培もされる。茎は径5~7mmで直 ...

ノキシノブ(軒忍)別名:ヤツメラン

平地や山地にふつうに見られる常緑多年生シダ植物。ふつう樹幹や岩上、家屋の屋根など ...

スイカズラ(忍冬)別名:ニンドウ、ミツバナ

各地の山野にふつうに見られる常緑のつる性低木。茎が長くつる状に仲び、右巻きに他物 ...

ニワトコ(庭常)別名:夕ズノキ、ヤマ夕ズ

各地の山野のやや湿った場所に白生する落葉低木。庭木として植えられたり切り花にもさ ...

キササゲ(木大角豆)別名:カミナリササゲ

中国原産で観賞用、あるいは薬用として栽培される落葉高木。河岸などに自生することも ...

クコ(枸杞)別名:カラスナンバン、カワラホウズキ

各地の川の土手など、明るいやぷに生える小低木。植栽もされる。茎は多数が叢生し、よ ...

ハマゴウ(蔓荊)別名:ハマツバキ、ハマボウ

海岸の砂地に群生する落葉低木。長い主幹が砂の中を横に走り、ところどころで根を出す ...

クサギ(臭木)別名:クサギリ、クサギナ

各地の山野の道ばたや林縁などに多い落葉低木。高さ1~3mで、上方でややまばらに分 ...

クチナシ(梔子、山梔子)別名:センプク

静岡県以西の暖地に乍える常緑低木。高さ1~5m。花や実を観賞する目的で庭木として ...

ネズミモチ(鼠黐)別名:タマツバキ

暖地の海沿いなどに多くミられるモタセイ科イボタノキ属の常緑小高木。幹は直立して高 ...

キンモクセイ(金木犀)

庭木として植えられる常緑小高木。中国原産とされるが、日本で育成されたという説もあ ...