フコイダン体験談

白血病の疑いがフコイダンで消えた

フコイダン

「白血病の数がかなり多くなっています。もしかしたら娘さんは白血病かもしれません。」

5歳の娘がよく鼻血を出すので、念のため検査をしてみると、白血球が2.2万個/mm2あるというのです。

2ヵ月後に再検査とのことで自宅に戻りました。

疑いとはいえ白血病という言葉にびっくりした私は、すぐに夫の会社に電話をし相談しました。

すると、その日のうちにフコイダンを持って帰ってきたのです。

会社の同僚がフコイダンで胃ガンを治したとのことで、とりあえず10粒もらってきたのです。

その晩、娘に飲ませようとしましたが、カプセルを飲み込むことができず、四苦八苦しました。

ゼリーやヨーグルトに混ぜて飲ませてはみましたが、最初のうちは1粒がやっとでした。

しかし親の説得もあってか、娘もいやがらず飲み続けてくれて、2週間後には1日8粒ほど飲むことができるようになったのです。

そして2ヵ月後の再検査では、なんと白血球は正常の範囲内である1.1万個/mm2になっているということでした。

こうして正常値に戻ってみると、先生のほうも「前回は、なんらかの炎症が身体のなかに起こっていたのかもしれません」と言うのです。

でもこれは、きっとフコイダンの免疫活性効果だとひそかに思いました。

フコイダンのおかげです。

娘を助けてくれて本当にありがとうございました。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダン体験談