海藻のパワー

期待できる海藻の健康効果まとめ

フコイダン

ガン予防にも効果がある、健康食品としての海藻

ガンから身を守るためには食習慣がとても大事です。

食習慣について、最近その栄養の豊富さなどで注目を集めている海藻を取り上げ、海藻の健康食品としての機能の解説をしていきます。

また、海藻がガンの予防・治癒に役立つという驚異の力にっいても触れ、詳しく解説していきます。

今、見直される海草類に秘められた力

四方を海に囲まれた日本では、海藻は昔から私たちの食生活に深く浸透しています。

どれもなじみのある食材ばかりで、昆布や海苔、わかめ、ひじきなどのようにそのまま食べるものから、粉末にしたり煮出してだしに利用したり、寒天のように加工されるものなど、海藻は様々な形で私たちの食生活を支えてきました。

日本の近海で取れる海藻は約1500種類と言われていますが、食用としているのはそのうち20種類です。

しかし、これだけの種類の海藻を食用としているのは日本だけです。

近年、欧米型の食生活に疑問が持たれ、日本の伝統食が改めて注目されている理由のひとっに、「海藻をたくさん摂取する」ということが挙げられます。

欧米では海藻のことを「シーウィード」、つまり海の雑草と呼び、ほとんど食べられていませんでした。

しかし、最近では海藻の健康効果が分かるにっれて、「シーペジタブル」、つまり海の野菜として、大いに食べられるようになりました。

海藻は、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれ、しかもほとんどエネルギーとして吸収されない低エネルギー食品ですから、現代人の健康維持には欠かすことができません。

中でも、食物繊維のひとっで海藻独特のぬめり成分であるアルギン酸や、最近特に注目されているフコイダンは、昆布やもずくに多く含まれていて、生活習慣病やガン細胞を殺す働きがあることなど、様々な健康効果が解明され、健康食品としての海藻が見直されるきっかけになりました。

効率よくミネラルを取るには海藻が一番

まず、海藻の栄養として挙げられるのは、ミネラルです。

海水に溶けている海の恵みをたっぷりと吸収して育った海藻は、まさにミネラルの宝庫です。

カルシウムは、真昆布で100グラム中710ミリグラム、利尻昆布では100グラム中670ミリグラムも含まれています。

また、ひじきには100グラム中1400ミリグラムも含まれています。

カルシウム食品の代表選手である牛乳の含有量100グラム中100ミリグラムと比べれば、海藻がいかに効率よくカルシウムを取ることができる食品か、お分かり頂けることでしょう。

カルシウムはリンやマグネシウムとともに、丈夫な歯や骨の形成に欠かせない主要成分として知られていますが、それだけでなく、血液中の血漿に一定の濃度が保たれて、血液の凝固に関与するほか、細胞の活性化に必要な成分で、筋肉の収縮をスムーズにしたり、心臓の鼓動を一定に保つなど、重要な働きをしています。

また、神経の興奮を鎮める働きもあるので、不足するとイライラしやすくなったり、肩こりが起こったりします。

日本人のカルシウム不足が心配されて久しいですが、女性に多い骨粗穎症を予防するためにも、若いうちから昆布やひじきなどの海藻を毎日の食生活に上手に取り入れたいものです。

このほかにも、昆布などの海藻類にはカリウムがたくさん含まれています。

カリウムは細胞内外液の浸透圧を調整して、過剰に取り過ぎたナトリウムの排泄を促して血圧を下げる働きがあります。

高血圧が気になる人は、減塩を心がけるのと同時に、カリウムをたくさん取るように心がける必要があります。

ところが、カリウムは海藻のほかにも野菜や果物などの幅広い食品に含まれている割には、調理で失われやすいという弱点があります。

そのため、カリウムを含んだ食品をたくさん取っているのに、調理をしたせいでカリウム不足を起こしている人が少なくありません。

その点、昆布に含まれるカリウムは、刻み昆布で百グラム中8200ミリグラム、真昆布で6100ミリグラムと、他の食品に比べてダントツの含有量ですから、1日の所要量2000ミリグラムを満たすために、特別な調理が必要ではない海藻を摂取することはとても効率的であると言えます。

海藻を摂取して鉄欠乏性貧血を予防する

海藻のミネラル成分で忘れてならないのは鉄分でしょう。

改めて言うまでもなく、鉄分は血液の赤血球のヘモグロビンの主要成分で、不足すると鉄欠乏性貧血になります。

貧血の90パーセントは鉄の欠乏によるもので、貧血を起こすほどではないにしても、欠乏気味の予備軍がいることを考えると、鉄分の摂取はとても重要です。

また、筋肉においてはミオグロビンの構成成分として血液中の酸素を取り入れる働きをしたり、細胞のチトクロームの構成要素として、酸素を活性化してエネルギーを作り出すのを助けます。

この他、ビタミンCの代謝にも関わっており、美容にも欠かせません。

鉄をたくさん含んだ食品といえば、レバーが挙げられます。

牛のレバーには100グラム中4ミリグラム、豚では13ミリグラムと、確かにたくさん含まれていますが、独特の臭いや歯触りなどで苦手な人が多いのが難点です。

また野菜では、なばなが百グラム中2.9ミリグラム、ポパイで有名なほうれん草でも、2ミリグラムです。

しかし、海藻はひじきの55ミリグラムを筆頭に焼き海苔では11.4ミリグラム、真昆布でも3.9ミリグラムも含まれています。

海藻が鉄の補給源としてもいかに優れているか分かって頂けると思います。

ただし、注意したいのは、鉄の吸収率は八パーセント前後ときわめて低いということです。

ですから、鉄の吸収を高めるビタミンCを含んだ食品と組み合わせて取ることが大切です。

例えば、熱に強いビタミンCを含むピーマンを使った献立と組み合わせたり、オレンジジュースを1杯プラスするだけでも吸収率が上がります。

ガンの発生を抑制する海藻中のβカロチン

海藻にはミネラルだけでなく、ビタミンもたくさん含まれています。

ビタミンAは眼が光の明暗を感じる機能に関係しており、不足すると夜盲症になることはよく知られています。

このほか、ビタミンAは眼の角膜やのど、胃や腸などの内臓器官の粘膜を丈夫にし、体を健康にします。

ビタミンA不足はお肌のかさつきの原因になり、呼吸器官からはウィルスが侵入しやすくなり、風邪を引きやすくなります。

また、ビタミンAの中でも、βカロチンはガンの発生を抑制することや、免疫機能を維持することが知られています。

海苔にはこのビタミンAが他の食品の群を抜いて含まれており、干し海苔では43000μグラム、焼き海苔でも27000μグラムも含まれています。

わかめでは、素干しで7800μにグラム、生でも940μグラム、ひじきは3300μグラム、真昆布で1100μグラム、みついし昆布で2700μグラムです。

ビタミンAは脂溶性ビタミンといって油に溶けやすい性質を持っています。

油で炒めたり、オイルを使ったドレノンングで和えるなど、また煮物では炒め煮にするなど、油と一緒に食べる料理にすることで、吸収がぐんと良くなります。

このほか、肌荒れやシミ、ソバカスを抑えるビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなど様々なビタミンが含まれています。

ビタミンは他の栄養素に比べて必要な量はわずかです。

しかし、他の栄養素の働きをスムーズにする補酵素としてとても重要です。

ビタミンの「ビタ」はドイツ語で生命という意味であり、これは、私たちが生きていく上でとても大切なものであることを意味しています。

最近は様々な種類のサプリメントや健康食品があるため、ビタミンを手軽に補えるようになりました。

これらを利用して、海藻成分を上手に摂取したいものです。

水溶性食物繊維が血糖値の上昇を抑える

さて、海藻の素晴らしい健康成分で忘れてはならないのは、水溶性食物繊維です。

海藻多糖類や粘質多糖類と言われ、読んで字のごとくたくさんの糖が集まってできていて、粘りがあります。

昆布やわかめなどを水に戻したときのヌルヌルした物質がそれで、フコイダンやアルギン酸が主なものです。

細胞壁と細胞間に存在しており、水に溶ける性質があるので、食品中の水分を吸収してゲル化します。

そして腸内で吸収されることなく逆に体に取り入れたくない物質を抱き込んで、便として排泄させます。

フコイダンやアルギン酸などの水溶性食物繊維、またセルロースのような非水溶性食物繊維の働きは、生活習慣病や肥満などにとても有効であることが認められています。

特に海藻に含まれるフコイダンやアルギン酸などの水溶性食物繊維には、食後の血糖値の急激な上昇を抑える働きがあるのです。

それは、水溶性食物繊維がたくさん含まれたものを食べると粘度が上がり、胃から小腸への移動が緩やかになり、小腸でのブドウ糖の吸収を遅らせるからです。

血糖値の上昇が緩やかであれば、騨臓から分泌されるインシュリンが不足することなく、正しく作用できるわけです。

また、ある研究データによると、海藻に含まれるタンパク質の中に血糖値を下げる作用を持つものがある、という報告もあります。

平成9年に実施された糖尿病実態調査によると、糖尿病を強く疑われる人は690万人、更に可能性を否定できない人も合わせると1370万人にも上ります。

しかし、病院で糖尿病の治療を受けている人はわずか218万人です。

ちょっと心配になられた方もいらっしやるのではないでしょうか。

血糖値が気になる人はもちろん、そうでない人も、海藻をたくさん摂取することが糖尿病の予防になります。

便秘を解消して肥満を予防する

また、もうひとつ気になるデータがあります。

それは、糖尿病が強く疑われる人の28パーセントが現在、肥満であるというものです。

肥満は、糖尿病をはじめ高血圧や心臓病、脳卒中などの生活習慣病すべてにかかわる要素としても、見逃しておけない重要な症状です。

食物繊維の豊富な海藻は、腸の働きを刺激して便通を促します。

セルロースのような不溶性の食物繊維は便のかさを増やし、水溶性の食物繊維フコイダンやアルギン酸は水分を含んで便を柔らかくするので、排便がスムーズになり腸内のお掃除をしてくれます。

習慣性の便秘の多くは、腸の嬬動運動が弱くなってしまっていることが原因で、肌が荒れたり、吹き出物が出るなどのお肌のトラブルを招くだけでなく、大腸ガンの引き金にもなりかねません。

海藻は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて低エネルギーなので、海藻を摂取して、便秘を予防することは、健康への近道です。

このほか、水溶性食物繊維、特にフコイダンにはピロリ菌から胃を守る作用があることも分かってきました。

ピロリ菌は胃壁の弱っている部分に付いて胃潰瘍の原因になりますが、フコイダンがあると胃壁を守って胃潰瘍の予防になります。

海藻がコレステロールの低下に活躍するわけ

食物繊維の働きとして、コレステロールの吸収を抑制したり、胆汁酸を吸着して体外に排泄させるというものがあります。

この働きは、わかめや昆布、もずくなどに含まれる水溶性食物繊維、ヌルヌル成分の働きによるものです。

特にアルギン酸は肝臓でコレステロールから作られる胆汁酸に働きかけて、便への排泄を促し血中のコレステロール濃度を低くします。

胆汁酸は肝臓でコレステロールを材料に作られます。

胆汁酸は腸で脂肪の分解を助けた後、腸壁に再吸収されますが、アルギン酸が再吸収を阻止して便とともに排泄します。

胆汁酸が再吸収されなくなると、肝臓は胆汁酸を作るためコレステロールを使います。

こうしてコレステロールが低下するわけです。

フコイダンにも同様にコレステロール低下の働きがあることが分かっています。

コレステロールを低下させることは、動脈硬化の予防につながります。

動脈硬化の初期症状である血管壁への脂肪沈着は、大動脈では既に10歳前後に始まっているとも言われ、中高年の病気とばかりは言っていられない状況です。

動脈硬化を放っておくと、心臓の血管で起これば狭心症や心筋梗塞、脳の血管で起これば、くも膜下出血などの脳出血や脳梗塞などといった、命にかかわる重大な病気を引き起こします。

更に海藻には、血液をさらさらにするEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれています。

不飽和脂肪酸のひとつであるEPAはDHAと並んで、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やすことで知られています。

これは、1970年代に行われた、イヌイットとデンマークの人との比較調査で明らかになりました。

魚やアザラシなどを食べているイヌイットは、高脂肪食なのに、血栓性の疾患である動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞が、非常に少なかったのです。

いつまでもしなやかな血管と若い血液年齢でいたければ、海藻は欠かせません。

沖縄の食生活に学ぶ長寿の知恵

沖縄は日本一長寿の県、中でも長寿村として知られている大宜味村では、9人に1人は80歳以上。

しかも、長生きをしているというだけでなく、畑仕事や伝統産業の芭蕉布の糸を紡ぐなど、運動や社会活動を続けて自立して生活している人がほとんどです。

このような元気なお年寄りたちの食生活を見ていくと、ある共通点が浮かび上がってきます。

まず、肉類、特に豚肉を使った料理を多彩なメニューで食べること。

豆類、中でも豆腐をたくさん食べること。緑黄色野菜をたくさん食べること。

あっさりした味付けで塩分の摂取量が日本一低いこと。

そして、何より昆布やもずくなどの海藻をとてもたくさん食べることが挙げられます。

しかし、沖縄では昆布は取れません。

昆布の主な産地はご存じの通り北海道です。

その昆布が、なぜ沖縄でこのようにたくさん食べられているのでしょうか。

もともと、昆布は琉球王朝時代の交易品として、北前船で伝えられたのが始まりのようです。

琉球料理では昆布が欠かせません。

沖縄の昆布の消費量は全国トップクラスです。

沖縄で多く食べられている昆布は、長昆布という種類のもので、だしを取るのではなく、昆布そのものを食べるのが特徴です。

長昆布は野菜昆布とも言われ、柔らかいので食べやすいのです。

ですから、昆布に含まれる栄養を余すことなく食べていたのです。

このほか、もずく、アーサ(ひとえぐさ)、モーイ(いばらのり)、うみぶどうなどの沖縄生まれの海藻にも恵まれています。

鉄分やカルシウムなどのミネラルをたっぷり含み、食物繊維豊富な海藻料理が日常の食生活として定着していたことが長寿日本一の大きな要因であったことは、多くの研究者が認めています。

科学の発達していない昔から知られていた先人の知恵に、改めて感心させられます。

沖縄には料理を形容する言葉に「ティーアンダー」というものがあります。

直訳は「手のあぶら」という意味だそうですが、「手塩にかける」とか「手間暇掛ける」「心を込める」という意味だそうです。

沖縄料理は海藻とティーアンダーがたっぷりな料理なのです。

物事にあまりこだわらずに、恵まれた大自然を受け入れて共に生きる沖縄の人たち。

人情味あふれ、ユイマール(相互扶助)の精神でおおらかに生きる沖縄のお年寄りたちを、私たちも見習いたいものです。

海藻中のフコイダンと抗ガンの関係性

さて、これまで海藻に含まれるさまざまな栄養分とその効果について解説してきました。

海藻の成分のなかでも、いま、医学界から免疫療法の分野で非常に注目されている成分が、先はどから何度か登場しているフコイダンです。

主に昆布やもずく、わかめなどの海藻類に含まれるフコイダンは、体に良いさまざまな効能がありますが、近年、フコイダン中の成分「硫酸化フコース」が、ガンに対して非常に有効だということが分かってきました。

フコイダンは免疫カアップに威力を発揮する成分であり、白血球中の成分の動きを活発にし、副作用を生じることなくガン細胞に対抗できるだけの抵抗力をつけてくれるため、ガン治療において重要な役割を果たすのです。

数年前まではアガリクスやマイタケ、ヤマブシタケといったキノコ類がガンの免疫療法の主軸でしたが、最近では健康食品としてフコイダンを摂取している人が多くなってきました。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-海藻のパワー