カバノアナタケ茶のあれこれ

免疫増強作用 - カバノアナタケ茶のあれこれ

そもそも免疫の仕組みとは

免疫の詳しい仕組みについては複雑難解で明らかにされていない部分も多いのですが、ここでは必要最小限の知識として説明いたしますので誤解のないようにお願いします。

免疫細胞とその働き

免疫機能(防衛機能)を支えている免疫細胞には、T細胞、B細胞、好中球、マクロファージなどがあり、これらは、すべて白血球の仲間です。

体内に病原体や異物が侵入すると、まずは先発隊の好中球が反応します。

その数を増やしなから病原菌などを食べてどんどん殺していきますが、この戦闘には限度があって、ある程度戦うと自らもパンクしてしまうのです。

そこで、次に登場するのが本隊のマクロファージです。

この細胞は好中球よりも食欲旺盛で片っ端から病原体などを食べ続けます。

しかも、病原体などの食べかすの一部をHLAという特殊なタンパク質にくっつけて、その情報をT細胞に伝えます。

参謀本部のT細胞(戦闘にも参加する)は、これを調べて味方(自分の身体成分)か、敵(自分以外の異物)かを鑑別します。

その結果、病原体などを敵(非自己=抗原)だと判断すると、B細胞という攻撃部隊に連絡して、ここで特殊兵器(抗体)を作らせ、本格的な全面戦争となるわけです。

免疫反応と抗体

このように、ある外敵(抗原)に対する特殊兵器(抗体)が作られることを抗原抗体反応とか免疫反応といい、いったん抗体ができあがると、次に同じ病原体などが侵入しても、直ちに抗体(防衛軍)が対応して発病を防ぎます。(予防接種の理論と効果)

この抗体の正体は、カンマグロブリンという血液の成分(タンパク質分子)のことで、すべての脊椎動物の血液中に存在し、100万種類以上あると考えられています。

対応する抗体が、細菌・ウイルスあるいは異物の表面に結合すると、これら有害なものは中和されたり分解除去されたりします。

その仕組みは、
・直接、活性を失わせる
・他の血球が有害なものを食べたり、壊したりできるようにする(食作用)
・有害なものの表面を弱くして、他の血液タンパク(補体など)の有害なものを壊す作用をうけやすくする

の三つがあり、これらのうちのどれかか、あるいはすべてによって行われます。

脊椎動物は、今までさらされたことのない物質に対する抗体はもっていませんが、未知のどんな異物にもぴったり分子配列が適合する、色々な種類の抗体を産生することができるようになっているのです。(作れない場合を免疫不全といいます)

免疫グロブリン

抗体の別名である免疫グロブリン(Ig)には、M、G、E、A、Dという五種類の抗体があります。

IgMは新生児がつくる初めての抗体で、感染症にかかると直ちにつくられます。

IgGは血清中に最も多くある抗体で、抗原に2回目にさらされたときにつくられ、血液中に存在していて、体内に侵入してきた病原体や異物を攻撃します。

IgEは異物などに対するレーダーのようなものでアレルギーと深い関係があります。

IgAは唾液や母乳、粘液などに含まれていて、粘膜での防御作用の主役になっています。

lgDの役割についてはまだわかっていません。(B細胞の活性化?)

免疫系の過ち

自己免疫疾患=共食い現象

しかし、時には、自分の組織や細胞を外敵と誤認して、自己の正常組織の成分に対する抗体を自分でつくってしまうことがあります。

この抗体が、自分自身の体を攻撃するわけですから、全身にいろいろな症状が現れてきます。

これらを自己免疫性の疾患といって、慢性関節リウマチ、多発性硬化症や全身性エリテマトーデス、橋本病やシェーグレン症候群などの難病が起こってきます。

さらに、この現象はウイルスなどにより免疫機構が乱されることがきっかけになる場合も知られています。

臨床的にカバノアナタケには、このような免疫系の混乱を調整する作用もあるようです。(T細胞への働きかけ?)

アレルギー疾患=大げさな反応

アレルギー反応とは、抗体がある異物に過剰な反応を示すことをいいます。

ホコリや花粉、一定の食品などが体内に入ると、これを排除するために、鼻水やせきが出たり、粘膜や皮膚に炎症が起こるなど、日常生活で不都合な症状が現れてきます。

これらをアレルギー性疾患といい、花粉症やアレルギー性鼻炎、じんま疹、アトピー性皮膚炎などが代表的な病気です。

こういう人には、lgEを大量につくる体質があって遺伝の傾向も認められ、環境因子も深く関与しているようです。

さらに、白血球の仲間である好酸球が増加してきます。(これらは、アレルギー性疾患の診断にも利用されている)

カバノアナタケには、著明な抗アレルギー作用が認められており、アトピー性皮膚炎や気管支喘息、花粉症などの改善例が多数報告されています。(抗酸化作用?)

カバノアナタケの登場

β-グルカンの免疫系への働き

デンプンなど食物に含まれている多糖類のほとんどは、胃や腸で分解されてブドウ糖となり、腸から吸収されて血液中に入り、肝臓や全身の組織に運ばれます。

その大部分はエネルギー源として消費され、残りはグリコーゲンという形に変わり肝臓や筋肉に蓄えられます。(必要なときにはブドウ糖に再変換されてエネルギー源となる)

また、一部の多糖類はタンパタ質と結合してタンパク多糖体(糖タンパク)となり、細胞膜などの構成材料として使われます。

カバノアナタケに含まれているβ‐グルカンもこの一種で、糖の結合のしかたによって数種類に分類できます。

そのうち、β-1,3グルカンには最も強い免疫強化作用があるとされております。

ここでは、その理由について説明しましょう。

多糖類の消化吸収

デンプンのほとんどはα‐グルカンと呼ばれるもので、消化酵素により分解されて、最終的にブドウ糖となり小腸から吸収されるのですが、βIグルカンはデンプンなどのグルカンと消化や吸収の面で決定的に異なります。

中でもβ-1,3グルカンは酸に強いので、胃酸に影響されず、そのまま小腸に送られます。

しかも、消化液(腸液など)に、このβ‐グルカンを分解する酵素が含まれていないので分解されることはありません。

ですから、小腸壁から吸収されることもなく、小腸を通過して大腸に至り、便中に排泄されます。

すなわち食物繊維と同じように栄養源にはならない物質なのです。

マクロフアージヘの働きかけ

β-1,3グルカンは、腸内を通過するとき、腸管壁に無数に存在しているマクロファージを刺激し活性化します。

前にも申し上げたように、マクロファージは免疫システムの主役として働く免疫細胞です。しかも、マクロファージはβ-1,3グルカンの受容体(受け皿)を持っているのです。

全身の細胞同士の連携は、特殊な情報伝達物質によって行われています。

例えば、いろいろなホルモンは分泌組織から血液中に出されて全身をめぐりますが、特定の細胞にしか働きかけません。

その理由は、これらの細胞には、そのホルモンと結合する受容体があり、血液中のホルモンがその受容体と結びつくことにより情報が伝達されるからなのです。

受容体は細胞壁(細胞膜)に存在し、そこに情報伝達物質が結合すると、情報は細胞内へと伝達され、結果として細胞の活動性が変化するのです。

マクロファージはβ-1,3グルカンの受容体をもっていますから、β‐グルカンが伝えてくる情報を確実に受けとれます。

β‐グルカンが腸壁に存在するマクロファージに取り込まれると、そのマクロファージは活性化され適切な情報伝達物質をどんどん放出し、それによってさらに、参謀本部のT細胞までも元気づけるのです。

β-グルカンによって直接活性化されるのは腸壁のマクロファージですが、腸壁のマクロファージが活性化すると、他の部位のマクロファージも同時に活性化してきます。

β-グルカンの抗酸化作用

β-1,3グルカンに強力な抗酸化作用(活性酸素から体を守る働き)のあることは、主としてアメリカ陸軍で放射線被曝障害(遺伝子障害)の動物実験によっても証明されています。

活性酸素には強い毒性があります。

この事実は、水の仲間の過酸化水素(オキシドール)を消毒薬として使っていることからも理解できます。

その毒性を生体内で有効利用しているのがマクロファージで、体内に侵入した細菌などを処理するとき、活性酸素を放出して利用します。

このように、活性酸素には有用な而もあるのですが、正常な細胞までも傷つけ、いろいろな障害を引き起こすという有害な面の方が問題になります。

カバノアナタケに含まれているβ-1,3グルカンは、自らが発生する活性酸素の害からマクロファージを守り、その前身である単球をつくる骨髄の働きまでも改善させてくれるのです。

活性酸素の有害性

日常生活の中でも、命に関わるほどの大量ではなくても、病気を引き起こすに足りる量の活性酸素が発生しています。

体が酸素を必要としている以上、必ず活性酸素はつくられますから、人体にはもともと活性酸素を無毒化するしくみが備わっています。

これがSOD、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼという活性酸素消去酵素です(活性酸素には四種類あり、その種類によって消去酵素が異なる)。

これらの酵素は年齢とともに減少し、活性酸素の害を防ぎきれなくなります。

また、これらの酵素の能力以上に大量の活性酸素が発生したときも、それを無毒化しきれなくなります。

そこで、これらの酵素以外に、活性酸素の害から身を守る物質が注目されました。

それがスカベンジャー(抗酸化物質)と呼ばれるもので、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB2、β‐カロチン、リコピン、キサントフィル、セレニウム、フラボノイド、ポリフェノールなど、ほとんどが健康食品の主役になっている物質です。

日常生活の中で、活性酸素から身を守り、健康を維持するには、スカベンジャーの豊富な食品を十分にとること、活性酸素の発生をできるだけ減らす(活性酸素の発生につながる要因をできるだけ避ける)ことの二つが重要です。

活性酸素の大量発生が予想されていても、それを避けることができないとき、例えば、放射線や抗ガン剤によるガン治療を受けているような場合など、活性酸素から身を守り、抗ガン効果を高めるためには、特にβ-1,3グルカンの併用が有効なのです。

そしてヽカバノアナタケには圧倒的に大量のβ-1,3グルカンが含まれていて、利用効率の高いこともわかりました。

SODの働きと消長

人間の身体はおよそ60兆もの細胞によって構成されていますが、その全細胞が生命活動を行う際にはヽ必ず活性酸素が発生しています。

中でも生体反応が強い細胞膜は酸化されやすく、この部位が活性酸素の影響を受けると生体活動は止まり、いわゆる体の老化が促進されるのです。

内臓器官が老化すればさまざまな病気につながるし、皮膚が老化すればシミやシワが増えてくることになります。

とりわけ活性酸素のダメージを受けやすいのは、人体の中でも酸素の消費量が多い中枢神経(脳)です。

つまり、毒性物質が最も発生しやすい臓器は脳で、脳がサビつけばボケが進行したりヽ人体のさまざまな部位にまで波及して多くの病気が発症してきます。

しかし、前にもお話ししたように、人体には、もともと活性酸素の害を消退させる抗酸化物質が備わっています。

その代表格がSODで、この酵素があればこそ生きている体はサビつかないでいられるのです。

当然のことですが、歳をとるにしたがって、このSODの働きが衰えてきます。

すなわち、成熟期を過ぎて、四〇歳代ともなれば、このSOD活性も確実に低下してくるのです。

体にいい食品、悪い食品を分ける抗酸化物質

SODの働きが低下すると、身体の組織や細胞に「酸化現象」すなわちサビつき現象が進行してきます。

しかし、SODの働きが弱くなったとしても決して絶望的ではなく、体内の抗酸化物質の活性を高め、サビつき現象を抑える方法があるのです。

私たちが口にしている食品には、体にいい食べ物と体に悪い食べ物とがありますが、これを、「抗酸化物質を多く含む食品」と、「間接的に活性酸素を発生しやすくする食品」と言い換えることができます。

活性酸素を発生しやすくするものとして、代表的なのが加工食品やインスタント食品があげられています。

これらの食品は、油脂で揚げたものが多く、空気に触れると酸化して過酸化脂質に変化し、肝臓などで解毒される際に活性酸素を発生します。

さらに、長期間排出されずに体内に留まっていて、健康な細胞膜を傷つけたりするのです。

脂身の多い肉や魚にもご注意。

脂質の多い食事をとりすぎれば、酸化によってできる過酸化脂質の蓄積が懸念されます。

もちろん脂肪分がすべてよくないというのではなく、食べるときの工夫が必要ということなのです。

脂肪分の多い食事も、ひと工夫なされば、かなりの毒性を取り除くことができます。

すなわち抗酸化物質を多く含む食品を一緒に食べるだけでいいのです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-カバノアナタケ茶のあれこれ