健康茶カタログ

ラフマ茶 効能と効果

健康茶一覧

ラフマ(キョウチクトウ科バシクルモン属)

ラフマ茶の期待できる効能

コレステロール低下作用
不眠解消
免疫力強化
動脈硬化予防
老化防止
肝障害予防
風邪予防
高血圧予防

ラフマ

出典 www.ts.cn

フラボノイド、血圧を正常化

中国原産のラフマは、とても生命力の強い植物です。

通常、植物が育ちにくいとされるアルカリ土壌でも順調に成長するため、中国では古くから救荒植物として用いられてきました。

ラフマの用途は幅広く、葉や若芽を食用としたほか、丈夫な繊維質は麻と同様に布として使用されました。

漢字表記は「羅布麻」で、別名には「紅麻」「吉吉麻」などがあり、麻にちなんだ名称が目立ちます。

ラフマ繊維は通気性がよく、また体温で遠赤外線を放出する効果を持つため、夏は涼しく冬は暖かいという特徴があります。

このため、下着や寝具に多く利用されています。

一方、ラフマには「茶菓花」「野茶」という異名もあり、中国では緑茶や紅茶の原料であるチャノキ同様になじみ深いお茶です。

薬効にも優れ、日本の厚労省に相当する中国衛生部によって、初めて新薬として認可されたお茶でもあります。

日本でラフマ茶の輸入が活発化したのは90年代に入ってからですが、それ以前にも「老喜茶」という名で販売されていました。

現在は国内においても焙煎されていて、「ヤンロン(燕龍)茶」という商品名でも知られています。

ラフマ茶にはフラボノイド、ルチン、ハイペリンが含まれており、いずれも血圧を正常値にする働きがあります。

フラボノイドには細胞を活性化させる効果もあり、ウイルスに対する免疫力が向上することから、風邪の予防にもよいとされています。

また、マグネシウムには代謝を補助する役割があり、老化防止に有効です。

これが、かつて老喜茶と呼ばれていた理由です。

ラフマ茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,