健康茶カタログ

ルイボスティー 効能と効果

健康茶一覧

ルイボス(マメ科アスパラトゥス属)

ルイボスティーの期待できる効能

アトピー性皮膚炎改善
アレルギー症状改善
動脈硬化予防
活性酸素除去
疲労回復効果
糖尿病予防
高血圧予防

rooibos

アフリカの大地で吸収した豊富なミネラル分

ルイボスは、原産地の南アフリカ共和国の言葉で「赤い藪」を意味し、原住民のバンツー族やホッテントット族からは「奇跡の健康茶」「不老長寿のお茶」などと呼ばれています。

ルイボスの学名はアスパラサス・リネアリスという本で、植物学的には極めてめずらしいマメ科の針葉樹です。

この木は南アフリカーセダルバーグ山脈地方の高地のみに生育し、高さは1.5m前後ですが、根の深さは7~10mもあります。

生育地が乾燥地帯であり、地中から水分を吸い上げるために根が伸びたと考えられています。

ルイボスの特徴はミネラル分を豊富に含んでいることです。この理由は、根から水分を吸いヒげると同時に地中のミネラル分をも吸収しているからです。

代表的なミネラル分はカルシウム、亜鉛、マグネシウムなどで、血圧を下げる効果を持つほか、糖尿病や動脈硬化の予防にもよく効き、生活習慣病全般に効果的です。

ルイボスティーを飲んで最初に現れる変化は胃腸の調子がよくなることです。

便秘気味の人は便が軟らかくなり、下痢気味の人は便が硬くなる効果が確認されています。

この効果の誘発成分は定かでありませんが、豊富なフラボノイド類の関連性が指摘されています。

フラボノイド類のなかで注目したいのは、スーパーオキサイドーディスムターゼ(SOD)様物質です。

ルイボスには緑茶の50倍のSOD様物質が含まれていて、生活習慣病の原因である活性酸素を除去する働きがあり、先述のミネラル分とともに高血圧や糖尿病を予防してくれます。

ルイボスティーおすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , ,