健康茶カタログ

霊芝茶(レイシ茶) 効能と効果

健康茶一覧

マンネンタケ(サルノコシカケ科マンネンタケ属)

霊芝茶の期待できる効能

アレルギー症状改善
ガン予防
免疫力強化
動脈硬化改善
糖尿病予防
肝臓病予防
高血圧改善

霊芝茶 レイシ

特徴である15種類のアミノ酸が自然治癒力を高めてくれる

レイシは温帯の枯れ木などに自生するキノコで、和名は「マンネンタケ(万年茸)」です。

レイシの歴史は古く、3世紀ごろに編さんされた中国の書物『神農本草経』にも記述が見られます。

同書によれば、「心臓の機能を増し、内臓の働きを補い、頭の働きをよくし、食べ続ければ神や仙人のように不老長寿を得る」とあり、もっとも価値が高く貴重な上薬とされていました。

事実、当時レイシを見つけた者は、皇帝に献上することが義務づけられていたほどです。

霊芝(レイシ)が日本に伝来したのは、道教が伝わった3世紀ごろと考えられています。

日本においても扱いは変わらず、天然の霊芝(レイシ)を見つけること自体が幸福と考えられたことから、「幸茸」や「吉祥茸」と呼ばれました。

こうしたレイシの貴重性は、実は近年まで続いていました。

しかし、1970年に日本で人工栽培法が確立すると、珍品ではなく優れた健康食品として市場に出回るようになったのです。

霊芝(レイシ)にはリジンやロイシンをはじめとした、15種類のアミノ酸が含まれており、肝臓の機能を向上させることによって肝疾患を予防してくれます。

また、キノコ類に多く含まれる成分として、多糖類のβグルカンがあります。

この成分は自然治癒力を上昇させて、ウイルスや腫瘍を防ぎます。

このため、ガンや糖尿病、高血圧症、動脈硬化などの幅広い病気に対して、強い効果を発揮するといわれています。

ちなみに、くだもののレイシ(ライチ)もまた、中国で重宝される植物ですが、キノコのレイシと名前が同じというだけで、関係はありません。

霊芝茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , ,