健康茶カタログ

あすなろ茶 効能と効果

健康茶一覧

アスナロ(ヒノキ科アスナロ属)

あすなろ茶の期待できる効能

ストレス緩和
リラソクス作用
肝臓病予防
高血圧予防
血流促進作用
活性酸素の除去
口臭予防

森林の香りで森林浴効果が味わえ、肝臓を保護する働きも

ヒノキ科に属するアスナロは、本州から九州まで幅広く分布する常緑高木です。

高さ30m、直径1mにもなるその姿は、非常にヒノキと似ており、その名前の由来は「明日はヒノキになろう」という言葉から来ているといわれています。

青森県などの一部地域ではヒバという名で知られており、「ヒバ茶」として販売されている場合もあります。

アスナロ茶の香り成分であるα‐ピネンは、ヒノキやマツ、スギなどの針緑樹に多く含まれる成分で、森林浴で味わえる清々しい香りの成分のひとつです。

森林浴へ行くとリフレッシュできるように、アスナロ茶にもリラックス効果が期待でき、ストレスを和らげてくれます。

また、有効成分のひとつジオキシポドフェロトキシンには肝臓を保護する働きがあり、古くは肝臓病の予防や肝炎、黄疸の治療に使われていました。

そのためお酒をよく飲む人にもおすすめしたい健康茶です。

さらにヒノキフラボン、ソテツフラボンなどのフラボノイド類も含まれており、毛細血管を拡張して血液の流れをよくするほか、ガンや生活習慣病、老化などの原因のひとつである活性酸素を除去する作用もあるといわれています。

なお、アスナロの精油に含まれるヒノキチオールには高い殺菌作用や、メラニン色素の増加を抑える美白作用などがあるとされています。

ヒノキチオールを含んだ入浴剤も販売されているので、健康茶を楽しんだあとは、茶がらを湯船に浮かべてみてもよいでしょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , ,