健康茶カタログ

アマチャヅル茶 効能と効果

健康茶一覧

アマチャヅル(ウリ科アマチャヅル属)

アマチャヅル茶の期待できる効能

ストレス解消
ストレス性疾患改善
鎮静作用
胃腸病予防
老人性慢性気管支炎改善
十二指腸潰瘍予防

70種類以上のサポニンがストレス解消効果をもたらし、万病に効果をもたらす健康茶

アマチャヅルは日本全国の山地や藪に自生するウリ科の多年草で、お茶はその名のとおり糖質が多く甘いため、子どもでも飲みやすく、家族揃って楽しめます。

70種類以上のサポニンが含まれており、そのなかの四種類は高麗ニンジンと同じ成分です。

そのためアマチャヅルは高価な高麗ニンジンの代用植物として脚光を浴びましたが、同じ薬効があるかは明らかになっていません。

アマチャヅルのサポニンには神経の興奮を鎮める作用を持つものが多い上に、その効果を妨げる興奮作用を持つものはなく、甘みもあるため、イライラなどを解消するには最適といえます。

また、サポニンは「万病に効く」ともいわれ、ストレス性の胃痛や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、下痢、便秘、神経痛、肩こりなどをはじめ、ガンや動脈硬化、高血圧、糖尿病など大病の予防にも効果があるとされます。

なかには「白髪が治った」という報告もあります。

アマチャヅルの有効成分として、ほかにもガンを予防する効果のあるゲルマニウムや、血中のコレステロールを減少させるステロール、血管を強化して血の流れをよくするフラボノイドなどが確認されています。

なお、アマチャヅルは家庭でも簡単に栽培することができ、葉をむしって適当な長さに切った茎や根をプランターなどに植えておけば、どんどん成長していきます。

収穫時期としては夏の終わりごろが最適で、根元を少し残して刈り取り、天日干しでカラカラに乾燥させれば、手軽にアマチャヅル茶を楽しめます。

アマチャヅル茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , ,