健康茶カタログ

ハブ茶 効能と効果

健康茶一覧

エビスグサ(マメ科カワラケツメイ属)

ハブ茶の期待できる効能

便秘解消
利尿作用
高血圧改善
腎臓病予防
眼精疲労回復効果
更年期障害改善
二日酔い防止
健胃効果

アントラキノン誘導体が大腸の働きを促進

ハブ茶はマメ科の一年草であるエビスグサの種子からつくられる健康茶です。

漢方の分野ではこの種子のことを「決明子」と呼び、慢性的な便秘や高血圧、肝炎、眼病などに効果があるとされています。

日本では「ハブ(マムシ)の毒」にも効くとされたことから、ハブ茶と呼ばれるようになりました。

主成分であるアントラキノン誘導体には、大腸の働きを促進とて便の排泄を促す効果があることから、緩下剤としてよく用いられます。

この成分にはほかにも、尿の出をよくしたり、腎臓を強化したり、便秘からくる吹き出物や肌荒れ、むくみ、口内炎、さらには眼の疲れや充血を改善する効果があります。

口内炎に関してはハブ茶を口に含むだけで症状が改善されるといわれ、目の疲れにはハブ茶で目を洗うと高い効き目があるとされています。

また、ハブ茶にはビタミンAが多く含まれており、新陳代謝を促進して皮膚や粘膜を正常に保つ効果や、夜盲症の改善効果などが期待できます。

お酒を飲んだあとに濃いハブ茶を飲むと二日酔いの防止にもなります。

同量のドクダミ茶とブレンドして飲むと高血圧が解消され、ゲンノショウコをブレンドすれば肝臓病や胆石の予防になるなどともいわれており、非常に幅広い薬効を持つ健康茶といえるでしょう。

ちなみに、あまり一般的ではありませんが、エビスグサによく似たハブソウという植物があります。

この種子でっくった健康茶も「ハブ茶」と呼ばれ、エビスグサのお茶と同様に便秘に効くといわれています。

ハブ茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,