健康茶カタログ

人参茶 効能と効果

健康茶一覧

ニンジン(セリ科ニンジン属)

人参茶の期待できる効能

便秘解消
カン予防
冷え性改善
眼精疲労改善
美肌効果
疲労回復効果
ダイエソト効果
皮膚病改善

ペクチンか腸の調子を整え便通を促進し、皮膚を強くするビタミンAを手軽に摂取

緑黄色野菜の代表的存在であるニンジン。

もともとは中央アジアの野生種で、日本へは江戸時代の前期に伝えられました。

ニンジンには中央アジアからシルクロードを通って中国へ伝わったアジア型と、ヨーロッパヘ伝わったヨーロッパ型がありますが、現在、日本で栽培されているのは、香りにくせのないヨーロッパ型です。

ニンジンの特徴であるオレンジ色の成分には、βカロテンが含まれています。

βカロテンは、体の中に入るとビタミンAへと変化し、皮膚の細胞を強くして粘膜を正常に保つ働きがあります。

さらにビタミンAは、夜になると目が見えにくくなる夜盲症(鳥目)や口角炎を防ぐ効果を持つことで知られています。

また、水溶性食物繊維のペクチンが含まれており、腸の働きを整えお通じをよくするほか、コレステロールの抑制にも効果を発揮します。

ペクチンが便秘を解消して肌荒れを改善し、先述のβカロテンが皮膚を強化することから、美肌効果も期待できます。

ほかにも、成分のひとつであるサポニンには、ガンの予防や、老化の原因となる血液の酸化抑制、冷え性改善などの効果があるとされています。

なお、ニンジン茶には一般的に根が使用されますが、葉や茎を使用するものもあり、後者の方がビタミンCやカルシウムが約五倍も多く含まれているなど、効果には違いがあります。

葉を使用しているものは「葉ニンジン茶」や「ニンジン葉茶」と呼ばれ、これまで紹介した効能に加え、消臭やダイエット、高血圧症を改善する効果などがあるといわれています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,