健康茶カタログ

緑茶 - 健康茶カタログ

健康茶一覧

チャノキ(ツバキ科ツバキ属)

緑茶の期待できる効能

虫歯予防
抗ガン作用
風邪予防
動脈硬化予防
利尿作用
代謝促進作用
高血圧抑制
眠気防止

cya

カテキンとフツ素が虫歯予防をはじめ、体の不調全般に効く

日本人なら誰しもが口にしたことがある緑茶。

製法や茶菓を摘む時期によって、大きくは抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶、番茶の五種類に分けられます。

そのすべてのお茶に豊富な有効成分が含まれていますが、この成分には水溶性のものと、お茶のなかに溶け出しにくい脂溶性・不溶性のものがあります。

急須を使って滝れる煎茶や番茶などからは、お茶に溶け出た水溶性の成分を摂取できます。

一方、抹茶は茶葉の粉末を溶かして飲むので、食物繊維やビタミンE、βカロテン、葉緑素などの脂溶性・不溶性成分が摂取できます。

煎茶などから脂溶性・不溶性成分を摂るには、茶菓を利用した料理を食べるといいでしょう。

緑茶の水溶性成分のなかで、もっとも多くを占める成分がカテキンです。

渋みの源であるカテキンにはさまざまな効能があります。

おもに抗酸化作用や抗菌作用、抗ウイルス作用などが挙げられ、最近では花粉症やインフルエンザ、骨粗しょう症、エイズなどにも効き目があるとして研究が進められています。

なかでも、昔から民間療法でも注目されてきたのが虫歯の予防です。

カテキンには匂いの成分を吸収する働きがあり、口臭を抑えてくれます。

また抗菌作用によって、口腔中の細菌の増殖を抑える効果もあります。

さらに、緑茶にはフッ素も含まれており、飲み続けることで歯の表面が固く強くなり、虫歯予防効果が期待できます。

ほかにも、緑茶には熱湯で壊れにくいビタミンCが含まれており、風邪やガンの予防にも効果があります。

ビタミンCは、肌荒れなどにも効果的な成分です。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,