健康茶カタログ

しいたけ茶 効能と効果

健康茶一覧

シイタケ(キシメジ科シイタケ属)

しいたけ茶の期待できる効能

骨粗しょう症予防
高血圧改善
動脈硬化予防
免疫力強化
ガン予防
コレステロール減少

血液サラサラ効果で高血圧症改善、またビタミンDが骨の形成を助ける

シイタケは日本でもっとも生産量の多いキノコで、栄養価の高い食品として、さまざまな料理に利用されます。

名前の由来は「シイによく生える」からですが、実際にはシイだけでなくカシやコナラ、クヌギなど、タンニンを含んだ広葉樹の切り株や枯木に発生します。

最近ではそうした原木を使用した栽培に加え、おがくずでつくった菌床で栽培されることも多いようです。

シイタケ茶には干したシイタケを使用しますが、干すことで香りが高まる上、紫外線の作用によって生シイタケに含まれるエルゴステロールがビタミンDへと変化します。

ビタミンDにはカルシウムやリンの吸収を高め、骨の形成や維持を助ける役割があるため、骨粗しょう症やくる病の予防に効果的です。

ほかにも、血中のコレステロールを減少させゐエリタデニンやグアニル酸、血圧を下げ高血圧症を予防するカリウムが含まれることから、血液をサラサラにする効果が期待できます。

さらにレンチナンと呼ばれる成分には、免疫力を強化し、ガンを予防する作用のあることが知られています。

レンチナンにはエイズに有効な抗ウイルス作用を含むという研究結果もあり、シイタケ茶はこれまで不治の病とされた難病を改善する可能性を秘めているといえます。

また、二日酔いの予防や夏バテの解消、咳を鎮める作用などもあるとされており、飲み過ぎた夜や体調の優れない時などにもおすすめです。

ちなみに、シイタケ茶は干しシイタケの粉末なので、料理の隠し昧として利用してもよいでしょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , ,