健康茶カタログ

にんにく茶 効能と効果

健康茶一覧

ニンニク(ユリ科ネギ属)

にんにく茶の期待できる効能

血行促進作用
冷え性改善
風邪予防
疲労回復効果
去痰作用
食欲増進効果
高血圧予防
ガン予防

多大な効能のほか、代謝を活性化し、冷えや肥満を予防

鼻をつく特有の強い臭気が、いかにも体によさそうな印象を与えるニンニク。

この香りを嗅ぐだけで、力がみなぎってくるという人も多いでしょう。

原産は中央アジアとされていますが、その起源は定かではなく、古代エジプトにおいてはピラミッドを建設する労働者に活力をつけるため食べさせていたといわれています。

日本でも古くから薬用として栽培されており、
漢方の世界では発汗や発熱、
呼吸器病、
喘息、
百日咳など、
さまざまな疾患に効くとされています。

強烈な臭いのもととなるのはアリシンと呼ばれる成分で、抗菌作用や脂肪の燃焼を高める作用を持ちます。

さらに、アリシンが体内でビタミンRと結びつくとアリアチミンという成分に変化し、体の代謝を高めて全身の血行をよくする効果を発揮するため、冷え性の改善などに効果的です。

ほかにも、アリアチミンは疲労や食欲を回復させる作用もあり、体の疲れを感じるときにニンニク茶を飲めば、いち早く体力を回復させることができるでしょう。

また、ニンニク茶にはスコルジンという成分が含まれています。

これはニンニクの風味成分で、アリアチミンと同じく血行を促進させるほか、尿や汗の排出を促したり、血中のコレステロールを減少させる効果があるとされています。

スコルジンとアリアチミンの働きによって全身の基礎代謝が高まるため、風邪の予防や体脂肪を減らす効果も期待できます。

ただし、薬効が高いために刺激も強く、胃痛などの副作用が現れる場合があるので、飲み過ぎには注意しましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,