健康茶カタログ

紅花茶 効能と効果

健康茶一覧

ベニバナ(キク科ベニバナ属)

紅花茶の期待できる効能

血液浄化作用
冷え性改善
生理不順改善
生理痛改善
更年期障害改善
高血圧予防
肌の老化防止
貧血改善

生理不順や更年期障害など、女性特有の疾患を改善する健康茶

美しいオレンジ色が目を惹く紅花茶は、味も効能も女性に優しい健康茶です。

甘酸っぱい味とリンゴのような爽やかな香りは、多くの健康茶が持つ苦みや渋みが苦手な方でも楽しんで飲用できるでしょう。

原料となるベニバナは「サフラワー」とも呼ばれ、花弁はハーブティーの原料としても利用されます。

日本では古くから染料や油、また薬の原料とされており、おもに血行障害の治療に用いられてきました。

紅花茶にも、もちろんこうした効能があり、ビタミンEが血液をきれいにし、血の流れをよくします。

血液の流れを改善することで冷え性や貧血、肌のくすみ、目の下のクマなどが解消されるほか、動脈硬化や高血圧症の予防にも効果があります。

また、リグナンという成分には女性ホルモンの働きを調整する作用があり、女性の多くが抱える悩みである生理不順や生理痛、女性ホルモンの減少が原因で発生する更年期障害の改善に効果を発揮します。

さらにはガンを予防し、血液中のコレステロールを減少させる作用もあるとされています。

ほかにもフラボノイド類のひとつであるサフロミンが老化を抑制するため、肌を若々しく保つことができます。

さらにカルコンが胃腸の調子を整えてくれるため、便秘などに起因する吹き出物や湿疹の改善が期待できます。

こうした多くの効能から女性にぜひとも飲んでいただきたいベニバナ茶ですが、子宮を収斂させる作用があるともいわれており、妊娠中の人は控えた方がよいでしょう。

紅花茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,