健康茶カタログ

烏龍茶(ウーロン茶) 効能と効果

健康茶一覧

チャノキ(ツバキ科ツバキ属)

烏龍茶(ウーロン茶)の期待できる効能

利尿作用
老化防止
虫歯予防
リラクゼーション効果
肥満予防
カン予防
高血圧予防
消化促進

利尿作用が高血圧に、またウーロン茶ポリフェノールが肥満を改善

日本でもおなじみのウーロン茶は、緑茶や紅茶と同じツバキ科のチャノキからつくられる健康茶です。

緑茶が茶菓をまったく発酵させず乾燥させるのに対し、ウーロン茶は中程度に発酵させてから乾燥させます。

この発酵によってウーロン茶特有の香りが発生するほか、タンニンの量が減少し、緑茶よりも胃に優しくなるといわ
れています。

ちなみに紅茶は茶菓を完全発酵させてつくるため、ウーロン茶は緑茶と紅茶の中間の存在といえます。

また、発酵させることで葉の色が「烏」のように黒くなり、「龍」のように曲がりくねることから、「烏龍茶」と名づけられました。

ウーロン茶には尿の出をよくするカフェインが含まれていますが、尿によって体内の水分量を減らすことは、高血圧症の予防にもなります。

カテキンも多く含まれ、抗菌・抗ウイルス作用によってガンや虫歯の予防にも効果があります。

最近の研究では、ウーロン茶に含まれるカテキンには、花粉症などのアレルギー症状を改善する効果もあることが報告もされています。

そして忘れてはならないのが、ウーロン茶ポリフェノールによるダイエット効果です。

ウーロン茶ポリフェノールがすい臓から排出されるリパーゼの働きを阻害することで、脂肪の吸収を抑えるといわれています。

さらに飲み続けることで、コレステロール値や中性脂肪を減少させる効果もあるとされます。

なおチャノキにもさまざまな種類があり、種類によって味や価格が異なるので、自分に合ったものを選びましょう。

烏龍茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , , ,