健康茶カタログ

ブルーベリー茶 効能と効果

健康茶一覧

ブルーベリー(ツツジ科スノキ属)

菊花茶の期待できる効能

眼精疲労改善
網膜機能低下予防
加齢性白内障予防
仮性近視改善
抗酸化作用
整腸作用
大腸ガン予防

有効成分「アントシアニン」は目の病気全般によい

ブルーベリーが日本に導入されたのは1951年。

栽培が始まってまだ60年ほどしか経っていませんが(全国各地で栽培されており、ジャムやお菓子づくりなどに欠かせない便利な果実です。

欧米では古くから野生のブルーベリーが食されており、果実と葉を乾燥させたものをハーブティーとして飲む習慣があります。

ブルーベリーの青紫色の色素成分であるアントシアニンには、目の機能を向上させる働きがあります。

眼精疲労の回復をはじめ、網膜の保護作用、加齢性白内障の予防、糖尿病や高血圧による網膜症の予防など、目の健康全般に効きます。

アントシアニンは即効性があり、副作用もないため、サプリンメントなどにも利用されています。

パソコンを長時間使用する人や車の運転をする人、白内障に悩む人などにおすすめです。

さらにアントシアニンには、タンニンをしのぐほどの抗酸化作用があります。

体に悪影響を及ぼす活性化酸素を取り除き、風邪などの感染症を防ぎます。

そのほか、食物繊維が多く含まれており、腸の働きを整え、便秘を解消する効果もあります。

それにより、大腸ガンを予防する効果もあると期待されています。

ブルーベリーは、ビタミンCと併用すると効果が高まります。

ビタミンCを多く含むハイビスカス茶などとブレンドして飲むのもいいでしょう。

市販でも、カシスやローズヒップなどとブレンドされた茶葉が提供されています。

温かくてもおいしいですが、濃く煮出してから冷たくして飲むと、すっきりさわやかな味が引き立ちます。

ブルーベリーティーおすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶カタログ
-, , , , , ,