メシマコブ体験談

メシマコブでガン再発の不安感を払拭

メシマコブ

メシマコブの力を信じて飲み続ける

平成10年6月、たまたま受けた検診で卵巣に悪性腫瘍が見っかりました。

すぐに摘出手術をして、以後抗ガン剤治療を続けていました。

平成11年の夏、ガン細胞が肝臓に転移していることがわかりました。

医師からは「強い抗ガン剤に切り替えてみるが、すでに全身に転移している可能性が高く、うまくいくかどうか」と言われてしまいました。

抗ガン剤の服用から、点滴による抗ガン剤療法をすることになり、副作用がかなりきつく出るかもしれない、と先生から前もって注意をもらいました。

家族が非常に心配してくれましたが、勤めに出ていた娘がいろいろ雑誌やら本などでガンに効く民間療法を探してきて検討をしていましたが、やはりキノコの抗腫瘍作用が一番いいのではないかということになりました。

キノコといえばアガリクスが有名ですが、最近アガリクスの何倍も有効成分が濃いメシマコブが注目されているということです。

娘が注文をしてくれて、飲み始めました。

飲むならば、重度の場合はできるだけ大量に飲むほうが効果が上がるということを聞きましたので、1日6回ほどに分けて各20粒ずつ飲むことにしました。

小粒な錠剤なので、たくさん飲むにしてもそれほど飲みづらいということもありません。

とにかくこれを飲めば、ガンの進行が止まるんだと念じながらメシマコブの力を信じて、飲み続けました。

体重も増加する

飲みはじめてほどなく、1回目の抗ガン剤療法が始まりました。

この抗ガン剤は四週間に2回ほどしか打つことができないほど強いものだそうです。

それほど強いものですから副作用も仕方がないと覚悟をして投与を受けました。

しかし、案に相違して投与後、私には副作用がまったく現れませんでした。

「こんなはずはない。明日は必ず熱が出て食欲も減退する、吐き気がする、抜け毛もでる」と、あれこれ考えては身構えていました。

しかし一向にそんな気配はなく、むしろ食欲はそれまで以上に旺盛になったように感じられました。

それから4度、5度の抗ガン剤を受けても、副作用は一切ありません。

たまに投与直後少しだるいように感じることもありましたが、それもひどいものではなく、しばらくすると忘れてしまうようなものです。

不思議なことに、体重も3㎏ほど増加しています。

先生は「抗ガン剤は中村さんの体に合っているんだね」と不思議がっていましたが、抗ガン剤に合うような体質の人などいないことは先生だって十分承知しているはずです。

先生は説明できなかったでしょうが、私にはメシマコブの力だということが直ぐに分かりました。

メシマコブは体の免疫力を高めるために、抗ガン剤の効き目を促し、逆に抗ガン剤が正常な細胞を傷つけるのを防ぐ効果があると聞いていたからです。

もちろん、先生にはメシマコブを飲んでいることはお話していませんでした。

先生も看護婦さんも私か抗ガン剤で体力が消耗しないどころか食欲が増して、元気になっていくのが不思議だという顔をされていました。

メシマコブなくして毎日が成り立たない

平成12年11月に予定していた抗ガン剤投与が終わり、検査を行いました。

検査結果は何と驚くべきか、肝臓の転移性の腫瘍がほとんどなくなっているというものでした。

肝臓以外の臓器への転移もなく、腫瘍マーカーも許容範囲でガン細胞の増殖がないということも証明されました。

それから、しばらくして無事退院。

翌日から通常の生活に戻っています。

現在でも白血球などは正常で、定期的な検査に異常が現れていません。

娘も非常に喜んでくれまして、「お母さん、油断しないでメシマコブを飲み続けてね」と言ってくれます。

娘に言われるまでもなく、私にはメシマコブが神様のようなもので、これなくして毎日の生活が成り立ちません。

量は退院後少し減らしていますが、予防薬のつもりで毎日6回、忘れずに愛用しています。

これを飲むことによって、精神的に非常に安心感が生まれ、余計な不安感を払拭することができました。

それもこうした難治性の病気を克服するには大事なことのように思われます。

数年前の卵巣摘出手術の頃は毎日が不安の連続で、精神的に参ってしまった記憶があります。

こうなると自分から病気をつくってしまうのではないでしょうか。

明日に希望が持てる人生がいかに素晴らしいことか。

今、そうした充実感を味わっています。

本当にメシマコブの驚異的な効用に感謝の気持ちで一杯です。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブ体験談
-