メシマコブ体験談

ヘビースモーカーの私が、喉頭ガンに。メシマコブで喉頭ガン縮小し、消えた。

メシマコブ

タバコの吸いすぎがたたって

私は18歳のころから毎日70~80本のタバコを欠かさないヘビースモーカーでした。

10年ほど前から友人や仕事仲間らが次々に禁煙を始めましたが、私は断固としてやめませんでした。

たしかにタバコはガンになるかもしれませんが、タバコを吸わなくてもガンになる人はたくさんいるわけで、飯より好きなタバコをやめる理由にはならないと勝手に思っていたからです。

人生、明日は何か起こるかわかりません。

交通事故で死んでしまうかもしれないのですから、いま充実して生きることが大切だと思います。

それは正論ですが、タバコをやめたくないので、そんな屁理屈をこねてはフカフカとふかしていたのです。

ところが、本当にガンになってしまいました。

喉頭ガンです。

私は60歳になっても毎日40本近くタバコを吸っていましたが、昨年の春、急に声がしわがれるようになってきたのです。

こんなことは経験がありませんでしたが、風邪かと思っていました。

熱が出るでもなかったので、病院へ行くこともしませんでした。

しかし、声がれは一向におさまりません。

それどころか、どんどんひどくなって、年末にはほとんど声が出にくく、呼吸することさえ苦しいような状況になってしまったのです。

そんなになって、はじめて病院へ行くありさまでした。

しかし、だれでも自分がガンだなんて信じているわけがありません。

私もそうでした。

だから受診が遅れてしまい、結局医者からは「喉頭ガンで、助かるかどうかはなんとも言えない」と言われてしまったので
す。

自分がガンになって、あらためてガンというのは、本当に誰の身の上にもふりかかってくるものだなと実感しました。

私の場合は、ガンもおそれずタバコを吸いつづけていたのですから、明らかに自業自得です。

でも、やはり自分は自分がかわいいもの。

どうしても助かりたいと、はじめて長年タバコを愛してきたことに後悔したのです。

メシマコブとの出合い

治療は、放射線療法がとられました。その治療が始まったころ、近所に住む弟の知り合いから、「メシマコブというキノコがガンに効くから飲んでみたら」と勧められました。

その人は自然食品や健康食品を販売する店を経営していたのです。

なんでも、ガンに対してはアガリクスというキノコが有名だが、メシマコブはそのアガリクスよりもさらに抗ガン性が強くて、大量に飲めば飲むほど即効性がある、末期ガンから生還した人も少なくないということで、いま大変な評判になっているとのことでした。

私は健康食品はあまり信じていなかったのですが、自分がそういう身になってみると、それこそ藁にもすがる気持ちになって、もちろん試してみることにしました。

ところが、これが良かったのです。

そのメシマコブは、錠剤の形になっていて飲みやすかったのです。

錠剤の形だと薬のイメージがするのですが、それはあくまでキノコの食品であって、食べた方がガンなどの重病には効果があると聞いて納得しました。

こうして、せっせと毎日、一日に六~七回に飲んでいました。

驚異的な抗ガン作用に感謝

治療が始まって一か月たって、また検査がありました。

一か月かけて行った治療にどのような成果が出たかを見て、これからの治療方針をさらに決めるというものでした。

もし効果がないようだったら、抗ガン剤をスタートさせるということでした。

私は抗ガン剤の副作用が怖かったので、祈るような気持ちで検査を受けました。

すると、考えられないような検査結果が出たのです。

喉頭ガンは格段に小さくなり、このままでいけば半年もすればすっかり消えてしまうほどだったのです。

担当の医師も驚いていましたが、「これなら九割方助かるでしょう」と言われた私も家内も、キッネにつままれたようでした。

メシマコブというキノコに出合うことができて、本当に幸運だったと、家内と大変に喜んでいます。

「ガンなんて怖くない」と言ってタバコを吸いたい放題吸ってきた私には、このような幸運をいただいたことが申し訳ないように思えます。

ガンで亡くなっていく多くの患者さんのことを思い、これからは自分の体は自分でしっかり管理して、与えられた人生を真面目にまっとうしていきます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブ体験談
-