メシマコブ体験談

甲状腺ガン切除後、メシマコブのおかげで復活しました

メシマコブ

更年期障害だと思っていたが

ここ数年来、多汗になったり、暑がりになったり、あるいは疲れやすく、体の調子が思わしくありませんでした。

更年期障害がなかなか治まらないのかと思い、しばらく内科に通っていましたがどうもハッキリと改善の兆しがありません。

そんな折に、たまたま風邪を引いて近所の病院で治療をしてもらった際、一度甲状腺の専門医に診てもらったらどうかとすすめられました。

思ってもみなかったことでしたが、先生に紹介状をもらって甲状腺専門のクリニックに行ってみました。

クリニックには女性がたくさんいて、一見産婦人科医のようでしたが、隣りの患者さんにそれとなく聞くと甲状腺疾患は圧倒的に女性が多いとのことで納得しました。

私の順番になり問診や触診を受けましたが、シンチグラムやCTなどの検査が必要だということになり、日を改めて検査をしました。

結果は甲状腺の悪性腫瘍ということがわかりました。

幸いリンパには転移していないとのことでほっとしましたが、外科的手術で腫瘍の切除をすることになりました。

手術は成功し、抗ガン剤治療と放射線治療を受けました。

早期ガンのために転移などの心配はないと主治医の先生が説明してくれましたが、ガンに対する恐怖はその後もずっと私の胸を締め付けます。

情緒が不安定になり、対人関係にも影響がでてくるようになったのです。

そんな折、仕事仲間(保険の外交員をやっております)がメシマコブを教えてくれました。

キノコの中でもアガリクスなどよりずっと抗腫瘍作用があり、体調維持にも効果があるとのことでしたので、半信半疑ながら購入して飲み始めました。

1日に3回を飲み続けたところ、1か月ほどして体調が軽く感じるようになりました。

仕事で自転車に乗っていると、知らない間に鼻歌を口ずさんでいる自分に驚かされるようになりました。

それまでペダルをこぐのがかったるく、息が上がってしまうことが何度もありましたが、現在ではそうしたこともなく快調そのものです。

お陰で、お客様とのやりとりも楽しく信頼感を得て成績も以前よりは20%~30%もアップしています。

心に希望の光がともる

何よりも驚いたのは、それまで治しようもなかった心の病とでも言うべき不安症が自然に解消したことです。

何かいいことがあるような気がして、いつも希望の光が心にともるようになりました。

今思うと不安感というのは、やはり体の調子、たとえば自律神経とかホルモン分泌など機能的なものに影響されて出てきたのだということがわかります。

メシマコブによって体の様々な機能が調整されて、精神活動が豊かになり、生命力が向上してきたに違いありません。

この点は本当に感謝しています。

病は気からと言いますが、たとえガンは治ったとしても、以前のままの状態が続けば別な病気に悩まされていたと思います。

甲状腺の悪性腫瘍はその後異常なく、定期的な検査と必要に応じた治療をしていけば日常の生活に問題が残らないと言われています。

健康の有難さを噛み締めながら、これからの人生を楽しんでいきたいと思っています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブ体験談
-