メシマコブ体験談

メシマコブで軟骨肉腫治療の抗ガン剤副作用を軽減できた

メシマコブ

ぎっくり腰で見つかった骨のガン

一年半ほど前、ポストから朝刊を取ろうとした瞬間、ギクッと腰をやってしまい、そのまま動けなくなってしまいました。

息子に車で病院まで運んでもらい診察してもらうと、軽い椎間板ヘルニアで、「痛みを止めて安静にしていれば自然に治る」と言われました。

それは良かったのですが、このとき「骨盤にちょっと疑わしい影が見えるので、病院を移って精密検査を受けられることをお勤めします」と言われました。

骨肉腫という、骨のガンの可能性もあるので、できるだけ早くはっきりさせたほうがいいというのです。

骨のガンなど夢にも思わなかったので、私には青天の露震でした。大きなストレスを感じてしまい、腰痛はさらにひどくなったようでした。

自宅へ帰って一週間ほど安静にしていると、腰のほうはだいぶ良くなりました。

そこで紹介された病院へ連絡し、できるだけ早く検査が受けられるようにお願いしました。

「ガンかもしれない」と言われたまま、頭のなかでああでもない、こうでもないと思いをめぐらすのは、もう一刻でも勘弁してもらいたい心境でした。

ガンなのかそうでないのか、それをとにかくはっきりさせたくて仕方ありませんでした。

夜は一睡もできず、1日中ベッドのなかでボーツとしていました。

このような状態をガンノイローゼというのだろうなと思いました。

副作用の不安とメシマコブ

検査の結果、軟骨肉腫という、やはり骨のガンがあるということがわかりました。

しかしこのガンは、骨の悪性腫瘍のなかでは進行が遅いほうで、悪性度も比較的低いということを聞き、大きなショックを受けつつも最後の希望の光だけは、心のなかでかろうじて灯っていました。

帰宅して家族に説明すると、家内も息子もかなり落ち込んでしまい、今度は私のほうが「比較的悪いガンではなく助かる例も多いそうだから・・・」と、懸命に説明するはめになり、そのおかげかかえって余裕が生まれてきました。

こうして、平常心に戻って治療にあたることができました。

治療の前の検査の段階で、古くから親しくしている一番の友人に電話で話しました。

私は必ず回復して仕事に戻る決意を述べましたが、一つだけ気になっていたことがありました。

治療はまずは抗ガン剤の投与と放射線照射になると言われ、その副作用に耐えられるか、ということが不安だったのです。

抗ガン剤の副作用は誰でも同じように現れるのではなく、かなり個人差があるそうです。

ひどい場合には免疫力がかなり低下して、かえって体力を弱めて逆効果になる場合もあることも知りました。

その苦しさは「二日酔いのひどいもの」という表現で説明されており、私はそういう症状に耐え、かつ死への恐怖に打ち克って治療が続けられるのかが心配だったのです。

私の不安を聞いた友人は、メシマコブというキノコの健康食品が抗ガン剤の副作用を軽減し、時にガンを撃退するほど効果をあらわすらしいということを教えてくれました。

「人から聞いた話なので確かかどうかわからないが」ということだったので、私はすぐにインターネットで「メシマコブ」を検索し、いろいろなホームページを調べてみました。

そして書店で本を購入し、実際に試してみることにしたのです。

メシマコブが救ってくれた

私の選んだメシマコブは、先端バイオ技術で有効成分が高濃度に活性化されたもので、錠剤に加工されているものでした。

大量摂取することによって驚異的な抗ガンカを発揮するということだったので、私は一日に5~6回飲むことにしました。

以前もいくつかの健康食品を口にしたことはありましたが、正直言ってはっきり効果はわかりませんでした。

続けたことはなかったので、長く飲めばいいんだろうな程度しか思いませんでした。

ところが、メシマコブを飲みはじめてみると、すぐに体に活力がわいてくるのが実感できました。

とてもぐっすり眠れるようになり、朝起きたときから素晴らしい目覚めで、食事もおいしく食べられます。

「これは健康になるなあ」と、はっきりと実感できたものでした。

こうしてI回めの抗ガン剤治療が始まりました。

メシマコブのおかげか心配した副作用はほとんどなく、少し髪が抜けた程度で、食欲も落ちませんでした。

私はそれが嬉しくて、病室で家内に「大丈夫だ、乗り切れるぞ!」と力強くガッツポーズを示しました。

主治医も、「これだけ元気ならきっと効果もよく出るでしょう。

期待しましょう」と言ってくれました。

MRIの検査の結果、その期待は現実のものとなりました。

ガンは縮小しはじめ、結局手術はしなくても済んだのです。

たまたまぎっくり腰でレントゲンを撮ることになり、そのときありかたくもガンの疑いを指摘していただけて、早期に発見するごとができたことが大きいと思います。

しかし、私の気持ちとしてはメシマコブがなければ治療に耐えられず、最後には負けてしまっていたのではないかと思えてなりません。

これからもメシマコブを飲み続けようと思います。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブ体験談
-