メシマコブ体験談

ホルモン療法、手術を拒否して、メシマコブで自宅療養

メシマコブ

前立腺ガンから骨に転移

78歳といえば日本人の男性では平均寿命に達しており、いつ死んでもおかしくない年です。

私の場合は、前立腺ガンであり、骨にも転移し、末期状態ですから、本当に今日、明日をも知れない命です。

しかしこうして生きております。

しかもガンになる前同様の元気な状態ですから、もうこれ以上望むものはありません。

前立腺ガンがわかるまで1年以上かかりました。

血尿や腰痛など複数の症状があり、3つも病院を受診。

しかし内科では異常なしと言われ、整形外科では老化からくる変形性脊椎症、ようするに年をとって腰が曲がって痛いのだ、と診断されました。

電気バリ等理学療法を延々と続けましたが全く効果なし。

その後、整体の治療師に「ガンの可能性もあるから詳しい検査を受けた方がいい」と言われ、大阪の大学病院を受診してようやく前立 腺ガンとわかりました。

骨にも転移がある末期の状態でした。

ホルモン療法をしてから手術と言われましたが、副作用で動悸や痛みが激しくなって中断。

別のホルモン療法を勧められましたが断りました。

骨にも転移があるので、これ以上厳しい治療をしたら、絶対寿命が縮まると思ったからです。

不整脈もあったので、いくつもの治療を繰り返すのは目に見えています。

私は自宅に戻り、酵素処理メシマコブを飲むことにしました。

これで大腸ガンの再発を防いでいる友人から紹介されました。

自分にどのくらい効くかはわかりませんが、やってみる価値はあります。

1日50粒から徐々に量を増やし、最近では70粒。

1ヵ月ほど続けると、岩のように重かった身体がすっと動かせるようになりました。

排尿もスムーズになり、腰痛が楽になっていきました。

2ヵ月たつと、寝たり起きたりだったのが起きている時間が長くなり、今は以前と全然変わらない生活ができるまでに元気になったのです。

食事にも気をつけています。

野菜中心で特に食物繊維の多いものをたくさん食べます。

消化器系のガンではないので、飲食では特に困りません。

家内と一緒によく芝居を見に行くようにもなりました。

大阪まで行って、お笑いの芝居を見るのが大好きで、腹の底から笑うとストレスも解消します。

そしてもちろん、一番いいと思うのが酵素処理メシマコブです。

よくここまで回復したものだと自分で感心します。

そのくらい酵素処理メシマコブには、弱った免疫を活発にして、自然治癒力を高める力があるのでしょう。

普通は病院に頼りっきりになるところでしょうが、それが寿命を縮めることもあるとか。

そうやって死んでいった友人が何人かいます。

私はもう完治しなくてもいいのです。

この調子で、快適な生活を続けられれば何も不満はありません。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブ体験談
-