メシマコブ体験談

手術で亡くなった母、手術をせずにメシマコブを飲み続けていたらと、今でも後悔

メシマコブ

乳ガンの再発

5年前に乳ガンで左の乳房やリンパ腺を取ってしまった母は、左手が肩より上がらず、肩や脇、腕の痛みにずっと苦しんでいました。

ガンはなくなったけれど、後遺症でずっと苦しんでいたのです。

しかも一昨年には右の乳房にガンが再発し、それも取ってしまった方がよいと言われていました。

この痛みが右にもくるのかと思うと、母はなかなか手術にふみきれないと悩んでいました。

そこで私は、これはガンには絶対効くと聞いていた酵素処理メシマコブを母に勧めました。

母は、これなら身体に優しく、体調もよくなると喜んで飲んでいました。

飲んでいたのは3ヵ月くらいですが、目に見えて体力が回復し本当に元気になっていました。

ちょっと寒い日や雨の降る日など、以前は寝込んでいましたが、酵素処理メシマコブを飲みはじめてからはそんなこともなく、痛みさえあまり感じないと言っていたのです。

しかし病院ではやはり手術した方がいいと言われ、母はしぶしぶ手術を受けたのです。

今思えばこれが間違いだったのです。

母には心臓の持病があり、手術などの治療には万全の注意が必要です。

それは病院でもわかっていたはずなのに、手術後の母は麻酔から目覚めず、そのまま心肺機能が落ちてしまって帰らぬ人となりました。

私は、どうして手術などさせてしまったのか、必死で止めていたら、母はもっと長生きしていただろうと激しく後悔しています。

酵素処理メシマコブを飲んでからの母は、以前とは別人のように元気でした。

あのままずっと飲んでいれば、ひょっとしたら、、とくやしい思いばかりが残ります。

病院や医者の言うことは絶対ではありません。

やはり決断をするのは、自分の体調を知っている本人や家族です。

母が亡くなって初めてそのことに気がつきました。

今、ガンで苦しんでいる方には、どうか病院だけに頼ることなく、ご自分で治療法を判断されることをお勤めします。

そして酵素処理メシマコブは確かに効果があったことを、つけ加えたいと思います。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-メシマコブ体験談
-