プエラリアの体験談

コレステロールや高血圧など生活習慣病をプアらリアで克服できた

プエラリアミリフィカ

女性は、生理がある限り心筋梗塞で倒れる心配はないそうです。

それというのも、女性ホルモンが血管と血液を守ってくれているから。

ところが更年期を迎えると、生活は変わっていないのに、急にそのリスクが高くなります。

女性ホルモンが減少して、コレステロールや血圧が高くなってくるからです。

こうした変化は、女性ホルモンの減少を知らせるサインでもあるのです。

Cさん(56歳)も2年前、市の検診でコレステロールと血圧が高いことを指摘された1人でした。

それまで私はずっとコレステロールも血圧も正常だったんです。

善玉コレステロールがけっこう高くて、どちらかといえば健康には自信がありました。

ところがその善玉が減って、総コレステロールが上がっちゃって、245ミリもあったんですよ。

血圧も上が190ミリ、下が125ミリと、完全に高血圧だっていわれました。

もっとショツクだったのは、ほうっておくとどんどん上がるといわれたことです。

血圧のほうは降圧剤をもらったんですが、コレステロールは食事に気をつけたり運動をするしかないそうなんですよ。

でも、もともとそんなに太ってもいないし、食事も割合バランスよく食べているほうなので、これ以上どう気をつけていいのかわからなくって困ってしまいました。

と、Cさん。

でも、更年期に上がるコレステロールや血圧は、食事や運動だけでは改善しません。

原因は女性ホルモンの減少ですから、それを補わない限りよくならないのです。

そうなんです。

それはお医者さまからもいわれました。

ホルモンを補充する治療があることも聞きましたが、そこまでしなくてもって感じでしたね。

閉経したのが53歳のときですから、そのころ更年期のまっただ中だったんですが、更年期障害自体はそれほどひどくなかったんですよ。

ちょっとのぽせるというか、顔が熱くなったり、ときどき胸がドキドキする程度で。

これも、もしかしたら高血圧のせいかもしれませんけどね。

それで、とにかく食事には気をつけて、運動もするようにしました。

週に1回30分くらいジョギングして、暇なときはなるべく歩くように心がけだんです。

食事は和食を中心にして、食物繊維の多いものを食べるようにしました。

もちろんコレステロールの多い魚卵なんかは控えましたけどね。

降圧剤ですか?

じつは飲んでないんですよ。

血圧の薬って、1度飲むと1生飲み続けなければいけないっていうじやないですか。

それでこわくて飲む気がしなかったんです。

もともと薬は嫌いで、なるべく飲まないようにしていたので、降圧剤も本当に調子が悪くなったときに飲もうと思ってました。

でも、心配だったから、半年後にまた検査を受けたんです。

そしたら、やはり数値は高いまま。

どちらも少し上がっていましたねひそれでなんとかしなくちゃと本気で思い始めたんです。

そのときにCさんが知ったのがプエラリアでした。

自然のものっていうのが安心でした。

タイでは長く食べられているそうですから、副作用もないだろうと思って。

飲み始めてから、気のせいかもしれませんが体がよく動くようになりましたね。

元気が出るっていうか、疲れにくくなったっていうか、のぼせや動悸もあまり感じなくなってきたんです。

3ヶ月くらい飲んだころ、また検査を受けてみました。

もしかしたら数値が改善しているかもしれないと思って。

このときは期待があったから、楽しみでしたね。

そしたら、やっぱりコレステロールも血圧も下かっていたんですよ。

コレステロールが220ミリ、血圧は上が165ミリでした。

本来なら下がるどころか、上がり続けているはずでしょ。

これはいいと思いました。

それからもプエラリアを続け、去年の検査ではコレステロール、血圧とも正常値の範囲に入ったそうです。

これに驚いたのは病院の先生。

「よく頑張ってここまで下げましたね」とほめられたそうです。

ほめられたときは、なんかこそばゆい感じでしたね、だって私、それほど努力してないんですもの。

食事はまあ多少は気をつけましたけど、そんなにたいそうなことをしているわけではないし、運動だって人よりよぶんに歩く程度でしょ。

これだけだったら、絶対に下がらなかったと思います。

やっぱり、プエラリアがよかったんですよ。

じつはね、そのあと私、プエラリアを一時止めたんですよ。

もう大丈夫かなと思って。

そしたらどちらも少し上かってしまいました。

やっぱりプエラリアの効果だって、実感しましたね。

このことがあって、Cさんは一生飲んでいこうと決めたそうです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-プエラリアの体験談