果物

キウイフルーツ kiwifruit

果物

キウイフルーツといえば、ニュージーランドの特産品。

日本国内での栽培も、1960年代より始まり、落葉樹ということもあり日本の気候に相性よく広がっています。

キウイフルーツの特徴は、なんと言ってもあの甘酸っぱく美味しい味ですよね。

また、ビタミンCを多く含み、1個食べれば1日分の70%の摂取ができます。

さらにタンパク質を分解するので、肉料理に相性がぴったり。

パイナップルと同じように肉料理のそえにいかがでしょうか?

キウイフルーツ(マタタビ科 マタタビ属)

キウイフルーツ100gあたりエネルギー 60kcal

キウイフルーツの旬:国産ものは秋~春(ニュージーランド産は春~秋)

キウイフルーツの主な栄養素

  • 力リウム290mg
  • 力ルシウム33mg
  • β-力ロテン66μg(レチノール当量11μg)
  • ビタミンE1.3mg
  • ビタミンC69mg
  • キウイフルーツに含まれる代表的な生理機能成分

  • アクチジニン
  • ケルセチン
  • ク口口フィル
  • タンニン
  • クエン酸
  • ポリフエノール
  • 食物繊維
  • アクチジニンの健康効果 消化促進

    たんばく質分解酵素。たんばく質を含む食品の消化を助ける。

    ケルセチンの健康効果 活性酸素消去、抗ガン、血糖値上昇抑制

    フラボノイドの一種。抗酸化作用があり、ガンや糖尿病を予防。

    ク口口フィルの健康効果 コレステ口ール値低下

    葉緑素。コレステ口ール値低下、貧血予防、解毒、整腸、ガン予防。

    タンニンの健康効果 抗ガン

    ポリフェノールの一種。ガン予防。殺菌作用。

    クエン酸の健康効果 疲労回復

    疲労物質の乳酸を代謝分解。食欲増進。

    ポリフエノールの健康効果 抗ガン

    植物の苦味や色素成分。抗酸化作用。発ガン、老化を防止。

    食物繊維の健康効果 整腸、抗ガン、循環器疾患抑制

    腸内善玉菌を活性化。

    キウイフルーツの種類・品種

  • ヘイワード
  • ゼスプリゴールド
  • レインボーレッド
  • 香緑(こうりょく)
  • さぬきゴールド
  • 讃緑(さんりょく)
  • アップルキウイ
  • ベビーキウイ
  • スウィートグリーン
  • サンゴールド
  • など

    関連コンテンツ(レスポンシブ)

    -果物
    -, , , , , ,