薬木

アカマツ(赤松)別名:メマツ、オンナマツ

山野に自生し、植栽もされる常緑高木。高さ30m、ときには50mほどになる。

幹の樹皮は赤褐色で亀甲状に割れる。葉は長さ7~12cm、緑色の長針形で、2本が対になり束生する。

4~5月、新枝の先端に赤紅色の雌球花が1~3個つく。

雄花は別の新枝下部の多数の鱗片葉肢に1個ずつつく。

球果は卵状円錐形、木質で硬く、種子は長さ5mmほどの倒卵形、1.5cmほどの披針形の翼をもつ。

By: S. Rae

アカマツ(赤松)別名:メマツ、オンナマツ

マツ科マツ属

アカマツの分布

本州青森県~九州屋久島

アカマツの期待できる効能

樹脂:去痰、肩こり、筋肉痛、打ち身

葉:低血圧症、不眠症、冷え性、食欲不振、滋養強壮、動脈硬化の予防

アカマツの使用法

幹に傷をつけ、淮出した生松脂(せいしょうし)を集めて乾燥させる。これを松脂(しょうし)とよぶ。

必要に応じて葉を採取し、水洗い後利用する。

去痰(気管や気管支にたまった痰の改善)には、乾燥した松脂1~2gをエチルアルコール10CCに溶かし、水を加えて200CCとして砂糖3~5gg加えて服用する。

肩こり、筋肉痛、打ち身になどには、乾燥した松脂を温めて柔らかくし、患部に塗布する。

低血圧症、不眠症、冷え性、食欲不振、滋養強壮、動脈硬化の予防などには、新鮮な松葉300~400gを洗って水を切り、細かく刻み、グラニュー糖100gとともに1.8リットルのホワイトリカーに漬け込んで3ヶ月ほど置いたものを、就寝前に15cc程度飲む。

関連記事松葉茶

松葉茶おすすめランキング

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-, , , , , , , , ,