薬木

メギ(目木)別名:コトリトマラズ、ヨロイドオシ

高さ1~4mの落葉低木で幹には縦に稜があり、多数の枝が出る。

葉は全縁で短い柄に集中してつくが、新枝には万生する。群生した葉の下には、葉が変化した鋭いトゲがある。

4月、枝から散形状の集散花序をたれ下げ、黄色の6弁花をつける。秋、つやのある紅色の果実が熟し、中には1~2個の種子がある。

メギ(目木)別名:コトリトマラズ、ヨロイドオシ

メギ科メギ属

メギの分布

本州関東地方~九州

メギの期待できる効能

幹、根:目の充血、結膜炎、健胃、整腸

メギの使用法

11月ごろ、落葉したものを根ごと掘り上げ、小枝やトゲ、ひげ根を取り去り。水洗い後細かく刻んで日干しにする。これを小檗(しょうばく)とよぶ。

結膜炎や目の充血には、乾燥した幹、根5~10gをカップ3の水で半量になるまで煎じて、煎じ液をガーゼなどで漉し、その液で洗眼する。

健胃、整腸(下痢止めなど)には、乾燥した幹、根15~20gをカップ3の水で半量になるまで煎じて1日量とし、3回に分けて毎食後に服用する。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-, , ,